ペイ・フォワード

ペイ・フォワード






ここで『思いやり』バトンタッチの話をどうぞ。(^-^)

------------------------------------------------------------

あれは、人里離れた雪深いオレゴンのキャンプ場での出来事だった。


二十年も前の話だというのに、まるで一点の曇りもないオレゴンの空のように、

今でも鮮やかに覚えている。


私は妻と二歳の娘とともに、エンストを起こしたレンタカーのなかで困り果てていた。


病院での実習二年目を終えたことを記念して旅に出たのだが、

私のマスターした医学知識は、このキャンピングカーには何の役にも立たなかった。


とりあえず電気スイッチをまさぐったが、真っ暗なままだ。


エンジンをかけようとしても、だめだった。


車から出ると、白く逆巻く早瀬のとどろきに、私の罵詈雑言は幸いにもかき消されてしまった。


バッテリー切れが原因だとわかったので、

娘を妻に任せ、数マイル先のハイウエーまで歩いていくことにした。


二時間後、私はくじいた足を引きずってようやくハイウエーにたどり着いた。


トラックを呼び止めて乗せてもらい、最寄りのガソリンスタンドで下ろしてもらった。


しかし、そのガソリンスタンドに向かって歩いていくうち、

今日が日曜日だということに気がついて目の前が暗くなった。


やはり、店は休みだった。


幸い、近くに公衆電話とぼろぼろの電話帳があったので、

二十マイル離れた隣町のオートショップに電話した。


電話に出てくれたボブという男は、「もう心配ないよ。」と言った。


「普段は日曜は休むんだが、三十分以内にそっちに行くから。」


私はほっとしたものの、いったいどのくらいの料金を払うことになるのかと気が気ではなかった。


ボブが乗ってきたピカピカのレッカー車で、二人はキャンプ場に戻った。


先に車からおりた私は、歩き始めたボブの姿を見て茫然とした。


足には金属製のギブスをはめ、松葉杖までついているではないか!


彼がキャンピングカーまで歩いていくのを見ながら、私はまた彼への支払いを頭の中で計算しはじめた。


「大丈夫、バッテリーが切れただけだよ。最初はちょっとガタつくけど、あとはスイスイ行けるからね。」


ボブはそう言って、バッテリーを充電している間、娘に手品を見せてくれた。


娘は、ボブが耳の中から取り出した二十五セント玉をもらって大喜びだった。


彼が充電に使ったブースターコードを積み込むのを見ながら、私はいくら支払えばいいのかと聞いた。


「いや、何も要らないよ。」意外な答えだった。


「でも何か払わなきゃ。」


「いらないよ。」彼は繰り返した。


「ベトナム戦争でこの足をなくしたとき、ある人が俺を生死の境から助けてくれた。


そのとき彼が、

君も誰かにしてやってくれって言ったんだ。


だから、俺に気兼ねはいらない。

その代わり、誰かが困っているのを見かけたら、

その人を助けてやってくれ。」

------------------------------------------------------------

「涙が出るほどいい話」より

〜〜〜

二年前にインドを旅行した時

ネパールまでの長距離バスの中で私は気分が悪くなり、

めまいと吐き気を覚えたために、

途中で降りて小さな村に泊まった。



その時、バススタンドで四歳くらいの少女に出会った。



彼女は小さいのに物乞いをして生活をしているようだったが、

気分が悪くうなだれている私の前に座って、

自分が物乞いをして手に入れたと思われる小さなしおれたみかんを一つ、

私の手を引っぱってにぎらせ、


「カーオー、カーオー(食べろ、食べろ)」と言う。



私はのどが渇いていたので小さな声で、

「シュックリア(ありがとう)」と言ってみかんをもらった。



すると少女はダーッと道の向こうに走って行った。



見ると少女は金持そうなおばさんに物乞いをしている。


何回も何回も手を差しのべるが、おばさんはガミガミと何か言って少女を追いはらった。



今度少女は、すぐ近くで見ていた男の人に手を差しのべた。



男の人は胸のポケットから硬貨を取りだし、少女の手ににぎらせた。


私は「ああ、もらえてよかったね」と心の中で思った。



お金を手にした少女は、またダーッと走った。



私は少女のくれたみかんで気分が少し楽になっていた。


なにやら少女は御茶屋で話しこんでいる。


ずーっと見ているとお茶を負けてくれと頼んでいるらしいのだが、


突然ニコッとこっちを見るとお茶屋から二杯のチャイを手にして私の所へ走って来た。


「ピーオ(飲みな)」


と小さな汚れた手でお茶のコップを熱そうにつかんで差し出した。


私はこの時ほどうれしく、

涙があふれそうになったことはなかった。



彼女の目は貧しいのにキラキラと光って力強く見えた。


どこの国の人かも知らず、

今日食べるものもない自分のわずかな食べ物を、


経済大国から来た大名旅行者に分けてくれた彼女のやさしさを、

今も忘れることはできない。

〜〜〜

 友達にメールですすめる   お気に入りページに追加