全てのジャンル

食品

関連サービス
おすすめ :

(米の商品一覧を見る)

日頃から食べているお米ですが、色々な品種があります。味、甘みの強さ、つや、他にも気候の変化に強いものなど、日本各地で地形や気候に合わせたものが日々開発されています。

お買い物傾向からのおすすめアイテム

レビュー4.0以上のアイテム

米の種類

あきたこまち

秋田県湯沢市小野の小野小町の誕生説にちなんで名付けられました。もともと東北地方のお米はササニシキを親に持つものが多かったのですが、あきたこまちはコシヒカリを親に持つお米です。適度な弾力があるのが特徴です。また他のお米より水分が多いため、もち米のようなもちもちした食感が嬉しいです。また冷めても美味しいお米なので、お弁当にも最適です。

あきたこまちをもっと見る

キヌヒカリ

コシヒカリなどよりも丈夫で病気に強いのが特徴です。関西地方が主な産地になっています。絹のように、また粘りがある事からキヌヒカリと命名されました。その名の通り絹の通り輝きがあり、さっぱりと下味が特徴です。あっさりとした口当たりは、ネタをいかすという事でお寿司屋さんなどでよく使われています。また冷めると甘みが増します。

キヌヒカリをもっと見る

きらら397

北海道産のお米で、きらきらと輝く雪をイメージしたのが由来となっています。またきれいな雪が艶のあるお米を連想できます。また名前の由来のように艶が特徴のお米で甘みが強いです。北海道ではななつぼしに次いで、作付面積が多いです。最近ではブランド米の多い北海道ですが、最初に注目されたのはこのきらら397です。

きらら397をもっと見る

こしいぶき

新潟生まれのお米で、越後という意味のこしの新しい息吹が名前の由来です。またコシヒカリ、ひとめぼれ、どまんなかを配合して作られました。コシヒカリと違う所は、コシヒカリは粘りがあってもちもちなのに対して、こしいぶきはしっかりした食感です。こしいぶきはもちもち感はないため、炒飯やねばねば丼に向いています。

こしいぶきをもっと見る

コシヒカリ

日本のお米といえばまず思いつくのがコシヒカリでしょう。最初に開発に携わった新潟県と福井県が含まれた越しの国に光り輝くという由来があるこのお米、味、つや、甘みなど全てにおいて優れています。そのため作付けが多く、日本の栽培地の30%以上で作付けされています。言わずと知れた冷めても美味しいと評判の高いお米です。

コシヒカリをもっと見る

ササニシキ

宮城のお米で、ササシグレとハツニシキを掛け合わせたのがきっかけです。小粒であっさりとした味が特徴です。もともと二毛作の遅植えの為に開発されたのですが、コシヒカリと並んでトップブランド米となりました。最近では冷害など天候の影響を受けやすい特徴の為作付け面積は減っています。アミロースを多く含み、ねばねば感が少ないのが味の特徴です。

ササニシキをもっと見る

ポイント5倍以上の商品

このジャンルで評価の高いショップ

このショップの売れ筋アイテム

このショップの売れ筋アイテム

このショップの売れ筋アイテム

このショップの売れ筋アイテム

表示できる商品の情報がありません。
#ITEMIMG1# 評価#ITEMPRICE1#
表示できる商品の情報がありません。
社会的責任[CSR]