全てのジャンル

日用品雑貨・文房具・手芸

関連サービス
おすすめ :

洗剤・柔軟剤

(洗剤・柔軟剤の商品一覧を見る)

洗剤も使う場所、汚れの強さ、また頻度により使い分けが必要です。キッチンの油がたまった部分には強い洗剤が必要ですし、毎日清掃するトイレなどは手に優しいものが必要です。

お買い物傾向からのおすすめアイテム

洗剤・柔軟剤の種類

洗濯用洗剤
洗濯洗剤は大きく分けると3つの分類ができます。ひどい汚れを落とす時は粉末洗剤、普段使いやすい液体洗剤、また最近よく見る下着などを洗うためのおしゃれ着の為の洗剤です。また中性は衣類に負担を与えることはすくないのですが、弱アルカリ性に比べて洗浄力は強くありません。普段よりも洗浄力が必要なら、弱アルカリ性を選ぶと良いでしょう。
洗濯用洗剤をもっと見る
キッチン用洗剤
食器用洗剤を選ぶ時に、食器に残った油汚れなどを落とすのはもちろんなのですが、毎日の事なので手荒れしにくい優しいものを選ぶ事も重要となります。食器の油分を落とすのは良いのですが、手の油分まで落としてしまう洗剤も中にはあるのです。中には無着色・無香料でかつしっかりと油が落ちる洗剤もでています。安心して使用できるものが良いですね。
キッチン用洗剤をもっと見る
浴室・浴槽洗剤
お風呂用の洗剤も食器用と同じく、頻繁に使うものなので、良く汚れが落ちるのはもちろん、手に優しいものが良いですね。中にはスプレーするだけで水垢やしつこいヌメリもしっかりと落ちる洗剤もあります。泡の力を利用して、そんなにこすらなくてもしっかりと汚れが落ちるものは便利です。毎日の事なので、じっくりお風呂を磨いている時間がない時でも有効です。
浴室・浴槽洗剤をもっと見る
トイレ用洗剤
トイレもまた毎日汚れが発生します。そこで洗剤はしっかりと選びたいですね。毎日汚れが発生するため、洗剤も使う頻度が高く、あまりに高いものだと家計がきつくなります。なるべく手頃なものを買って、定期的に掃除する方が良いです。またノズルの部分などトイレは見えにくい所も多い為、スプレーが使える洗剤は非常にありがたいです。
トイレ用洗剤をもっと見る
マルチクリーナー
部屋の掃除をする時の洗剤を選ぶ時ですが、その場所、汚れ、材質によって選ぶようにしてください。場合によっては家具や床などをいためてしまう事もあります。また拭き掃除には弱アルカリ性から中性のもの、油などがこびりついた所には、アルカリ性、ガラスや家具には弱アルカリ性などそれぞれ洗剤の性質を見る必要性があります。
マルチクリーナーをもっと見る
柔軟剤
まず柔軟剤は使う洗濯機の種類や洗い方によっても変わるので注意してください。また使用量はしっかりと確認するようにしてください。折角のよい香りが強くなりすぎたり、柔軟効果が落ちる可能性があります。また柔軟剤も色々な種類があるので、汗や加齢臭対策、お洒落の為に良い香りを追加したい場合など色々な使い分けができます。
柔軟剤をもっと見る

ポイント5倍以上の商品

表示できる商品の情報がありません。
#ITEMIMG1# 評価#ITEMPRICE1#
表示できる商品の情報がありません。
社会的責任[CSR]