「利き酒師」 マシモの日本酒基礎知識PART1

「利き酒師」 マシモの日本酒基礎知識PART1

日本酒飲んでみたいけど・・・・

 

 

純米酒? 本醸造? 大吟醸? って何??
精米歩合? 日本酒度?? わからな〜い(涙)

ラベルに漢字がいろいろ並んでてどれが
良いのか分からない・・・ そんなことってありますよね!!


そんなお悩みを解決するために
新米利き酒師(2008年9月に資格取得)のマシモが
日本酒専門用語をご説明いたします。

ご不明な点や、コレ違うんじゃないの??ということが
ありましたら、echigo@mx6.mesh.ne.jpまで
ご連絡下さい。

 

◆知っているようで知らない『日本酒用語』◆

◆原料米

日本酒を造るのに使われるお米、
酒米、酒造好適米と呼ばれます。
ほとんどの日本酒が酒米を使って造られますが
通常の主食用のお米を使って造られる日本酒もあります。

代表的な品種は
「山田錦」「五百万石」「高嶺錦」など。

新潟県では「五百万石」が多く生産されています。
近年、新潟県で誕生した酒米「越淡麗(こしたんれい)」が登場し
新潟県の酒蔵では「越淡麗」を使った限定品が数多く
造られています。

通常、私たちが口にするお米とは違い、
大粒で「心白」というデンプン質の部分が多いのが特徴です。
食べてもあまり美味しくないそうです・・・。

 

◆精米歩合

精米の程度を表した数値。

通常日本酒を造る際にお米を精米(磨く)きます。
なぜかといいますと、お米の表面や胚芽の部分には
タンパク質やミネラル、脂肪などが含まれ、
それらは、日本酒の香味や色合いを劣化させる要因に
なってしまいます。

お米を精米することにより、表面部分を削り
デンプンの多く含まれる中心部分をだけを
使用するのです。

精米歩合60%と表示されているものは
お米の40%を削って、もともとの重量の60%まで
精米したということになります。
数字が低いほど、お米をたくさん削っているということになります。


精米歩合40%〜35%くらいのお酒になると
お米の半分以上を削って造られた贅沢なお酒
ということですね!

 

◆アルコール度数

そのお酒のアルコール分。%でも表します。
日本酒は15度前後が多いですね。

代表的なアルコール飲料のアルコール度数

「本格焼酎」は25度
「ワイン」は12度くらい
「ビール」は5度くらい

が一般的ですね!

 

◆日本酒度

日本酒の甘辛を表す数値の一つ。
本来は、日本酒に含まれると糖分の分量を比重で表したもの。

+(プラス)だと辛口、−(マイナス)だと甘口になります。
ただし、日本酒の酒質や酸味、アミノ酸度などにより
日本酒度が高くても甘く感じられたり、
低いものでも辛口に感じられたりする場合もありますので
ひとつの目安としてお考え下さい。

 

◆酸度

日本酒の酸味を表す数値

日本酒を飲んで酸味を感じたことありませんか?
日本酒には様々な有機酸が含まれており
そこから感じられる旨み、酸味、甘みなどが辛さを和らげ
飲みやすくしているんですね。

 

◆アミノ酸度

日本酒に含まれるアミノ酸の量を表す数値

アミノ酸???簡単にいうと旨み成分という感じでしょうか?
アミノ酸度が高い日本酒は、
味わい深く、コクのあるお酒になり、少ないとスッキリとしたお酒
となります。

 


◆しぼりたて
その名の通り搾ったばかりのできたての日本酒。
酒蔵見学に行ったりすると試飲できるウマ〜いお酒です。
瑞々しいフレッシュな香り、深い味わいを楽しめます。
ただ、生酒の為、品質管理が難しくなかなか飲むことができません。


このページのTOPへ

 

日本酒基礎知識PART2へ

 友達にメールですすめる   お気に入りページに追加