和っ布るについて


和っ布るについて

毎日使うものだから天然素材

赤ちゃん安心天然素材100%

天然素材の和紙糸は、綿の何倍もある吸水力で、水分の後戻りが少なく、
濡れても肌ざわりが“サラサラです。”

オーガニックコットンは、色々なメーカーが取り扱っておりますが、当社取り扱いの“和っ布る”は、
世界初のオーガニックコットン和紙を織り上げた和紙タオルです!!

肌にいいものが良い

使いやすい物が良い

環境によければさらにGOOD♪

和っ布る(和紙タオル)の良いところ

世界初のオーガニックコットン&和紙の和紙タオル“和っ布る”

【和っ布る(和紙タオル)】良い所・1

 和紙布、オーガニックコットンの良いところを最大限に活かす為、ワッフル織りにしました。
凸凹感の有るふんわりとした感触は、ワッフル織り独特の風合いです。糸抜けしにくく、乾きやすいのが特徴です。

※和紙糸を使っていますが、何度でもお使いいただけます。

●縦糸
オーガニック綿(茶綿)は、化学染料を使わずに自然のままの色です。自然な風合いでふっくらしています。

●横糸
和紙は、脂取り紙に用いられるように、お肌の皮脂汚れをよく落とします。又和紙の機能性は、軽量で優れた通気性 と天然由来の抗菌性と高い紫外線カット率があります。

環境にやさしい自然素材

 和紙は植物から生まれます。笑こころ製品の和紙糸は、3年で成長する循環型資源のマニラ麻を使用しています。

【和っ布る(和紙タオル)】良い所・2

和紙から糸へ・・・

【和っ布る(和紙タオル)】良い所・3

 原紙を細くスリットしたテープにします。(1mm巾・2mm巾でカット) そして、和紙テープをコヨリ状にして糸にします。 それはとても強く、洗える繊維素材です。和紙を結び目のない糸にし、洗濯に耐えうる強さを持たせました。 そして、織り上げた物が、和紙の布です。

この和紙糸の原紙は、1000円札と同じ材料です。

和紙布の長所

 和紙は、優れた通気性があり 、夏物衣料に適した冷涼感、 冬物衣料に適した保温力を有しています。

 和紙というと、あぶら取り紙ですが、水分と油分を一緒に吸い取ることができるので、和っ布るタオルはそれだけで体を洗うことが出来ます。余分な皮脂を取り、肌をつややかに、若々しく保ち、皮膚炎などが緩和されていきます。

【和っ布る(和紙タオル)】良い所・4

当社では、国内の織布工場から直接仕入れ!!

当社取り扱いの綿生地&和紙生地は、地元大阪府の織布工場から直接仕入れ、
縫製は自社工場で丁寧に行っています。

生地を直接仕入れ、製品を自社で製作する事により、商社の中間流通費を一切かけずに、 直接お客様にお届けしています。

だから、お買い得な価格が実現できるのです。

日本のものづくり

 大阪府阪南市にある阿部織布工場にて、新しく開発された和紙の布です。

 直接見て触ったお客様は、一同に驚かれます。和紙なのに強い布!!さらにオーガニックコットンとの最高の調和で触り心地も気持ちいい。和紙が布になる。これが日本が誇るものづくりの精神です。

 草繊維だから地球に優しいエコロジー素材、地中に埋めても自然分解し、燃やしても有害物質が出ません。

 和紙由来のあぶら取り効果で、石鹸を使わずにお肌の余分なあぶらを落とします。
和紙のハリ、コシ感がここちよく、又湯水につけるとソフトになります。洗顔・浴用に最適です。使ってビックリ・・・“つるっつる
 アトピーなどのお肌の弱い方や赤ちゃんにも最適。

 当店スタッフが昨年夏より使用し、肌が“つるっつる”になり、大変ビックリしております。
当店社長が和っ布る(和紙布)に出会い、一度使って惚れ込み、ものづくりへ・・・。是非皆様にも使っていただきたく思い、商品化いたしました。

 いい糸(和紙)といい糸(オーガニックコットン)織り合わせれば、数百倍・数千倍にもすばらしい織物になります。織物を丁寧にものづくりすれば、もっとすばらしい『モノ』が出来上がります。

 今までに無い肌触りのワッフル織り(和っ布る)を、是非お試しください。

 友達にメールですすめる   お気に入りページに追加