テクノロジーカンファレンス2008 11/29 レポート

  • TOP
  • 講演レポート
  • 楽天スペシャル
  • コミュニティセッション
  • 会場Report
  • テクノロジーアワード

講演レポート

基調講演 まつもとゆきひろ (楽天技術研究所フェロー)

オープンソース時代のエンジニアの生きかたとは?

オープニングの基調講演として壇上に立ってくださったのは、今や世界に知られるオープンソースのプログラミング言語「Ruby」を開発した、まつもとゆきひろ。国境を越えて名をはせるまつもとは、「地球の裏側と瞬時に繋がるインフラが整った今、距離や国境が意味を持たなくなってきた。技術的にも現実的にもオープン化が進む現在、これまでのようにクローズされた箱庭の中で技術を出し惜しみするビジネスモデルではエンジニアは生き残れない」と警鐘を鳴らす。

今後、あまたのエンジニアがその存在意義を示し続けるには、「情報格差を利用した、タイムマシンビジネス」、「箱庭から出てチャレンジするリスクテーク」、「オープンソースを実用化するビジネスセンス」などが必要、と説いたまつもと。幸せなエンジニア人生をまっとうする生き方のヒントが多く溢れる講演に、会場のエンジニアも興味津々で聞き入っていた。

招待講演 最首英裕様 (RBC会長/株式会社イーシー・ワン 代表取締役社長)

今、福岡でも話題沸騰、「Rubyプロジェクト」で日本が変わる!

約10年前、楽天が中目黒に本社を構えた頃から深い親交があった最首英裕氏。その成長を見守ってきた最首氏は、「小さな一企業だった楽天の成功は、その技術力が、ソフトハウスや開発会社など、ITの“専門家”に対してではなく、ネットでライフスタイルの充実を願う“いちユーザー”に向けられ続けてきた点にある」と振り返り、「今後もその姿勢を貫いてほしい」と、楽天エンジニアの身が引き締まる、素晴らしい祝辞をいただいた。

現在、福岡に拠点を置き、Ruby普及プロジェクトの一翼を担っている最首氏。昨今では、ものを作れる人、つまりエンジニアこそが、ビジネスへの「転換力・実践力」を身につける必要性を感じることが多い、という最首氏は、「人的・財政的・メディア・コンテンツともに東京に比べて薄くなりがちな地方こそ、Rubyのニーズが潜在している」と述べ、楽天のRuby活用実例がさらに地方へも波及することへの期待を語った。

公開対談 三木谷 浩史 楽天株式会社 代表取締役会長 兼 社長 × 安武 弘晃 楽天株式会社 取締役 常務執行役員

時代の変化にすばやくキャッチアップ。
楽天の技術は始動の速さと柔軟な転換力が強み

11年前、楽天創業時から開発部門を支えてきた安武から三木谷へ公開質問という形で行われた記念対談。スタート時、たった一台のワークステーションと初心者向けプログラミングの本9冊から始まった楽天の受発注システム、店舗ページ作成システムは、いまや膨大な利益、交流、そして何より多くのエンタテインメントを生み出している。

速い展開、スピード開発、大転換など、システム面から楽天を支え、苦楽を分かち合ってきた安武に、「楽天のシステムは、例えるならば陶芸。最初にできあったものからどんどん形を変えていく。今後も柔軟に膨張できるシステムを目指してほしい」と三木谷のエールが飛んだ。

質疑応答では現場エンジニアから「エンジニアに必要なビジネス知識はどのように身に付けていけばいいか」「すさまじい成長だったこの10年だが、今後の10年はどう動くのか」など、技術面だけでなくビジネス面での質問も相次いだ。今カンファレンスのテーマである「広がる楽天、広がるテクノロジー」どおり、多くのエンジニアの知的好奇心や視野を開放する一端を担えたことを実感するエンディングだった。