皆さんの靴、本当に自分に合っていますか?〜正しい靴選びで健康な体作りを〜

皆さんの靴、本当に自分に合っていますか?
〜正しい靴選びで健康な体作りを〜


* 自分にあった靴はなぜ必要? *
ふだん何気なく履いている靴。でも、体の健康の為には、靴を正しく選ぶ必要が
あるということはご存知ですか?実は、直接足に症状が表われる外反母趾やウオ
ノメ等もそうですが、合わない靴による足のトラブルは、全身にも影響するのです。
例えば足のうっ血による酸素不足で、イライラや集中力の低下につながったり、
靴による足の歪みが首・肩のこり、腰痛の原因となることもありえます。
 足は、"第2の心臓"といわれるほど健康と深い関わりがあります。
では、健康な体を保つ為にも、靴が足にどのような影響を及ぼすものなのか、また、
ムリのない、正しい靴の選び方は一体どうすれば良いか?



* 体に良い靴とはどんな靴? *
 外反母趾やハンマートゥ等のトラブルを考えると、ゆったりと大きめの靴が良い
様な気がしてしまいます。でもそれは間違いのもと。大きすぎたり、フィットしない
靴は安定せず、靴が脱げないように、逆に力が入ってしまい、余計な負担をかけて
しまいます。
本来、靴は足を保護しサポートする役割を持っています。そう考えると次の5つの
条件を満たすものが、良い靴であるということになります。


1、 靴の中で足がずれないように、かかとをしっかり包んで支えるものであること。
2、 爪先は足の指の運動を妨げないような適度な幅と高さがあること。
3、 靴の底は硬すぎず、柔らかすぎず、適度な弾力があって、歩行の衝撃を吸収し、
   靴に適度のかえり(歩く時に足のつけねの部分で靴底が曲がること)があること。
   (かえりがないと靴が足の動きについてこないのです。)
4、 土踏まずにあたる靴のアーチがしっかりしていること。
5、 歩行時の衝撃を吸収し、足底をしっかり安定して支える中敷があること。

靴を選ぶ際、以上のようなポイントを備えたものかどうかチェックしましょう。


* 自分にあった靴の選び方 *
 足の特徴は人によってちがいます。長さはもちろん、幅や厚みなど自分の足の特徴
 を知っておくことが大切です。靴を選ぶ時は、次の点を確認しましょう。


1、 爪先に1cm位の適度な余裕があるか。
2、 甲が圧迫されたりくいこんだりしていないか。
3、 かかとの重心がしっかりしているか。
4、 土踏まずのラインと靴のアーチラインとが合っているか。
5、 太さや幅はきつくないか、ゆるくないか。
6、 靴の履き口はきつくないか、くるぶしにあたってないか。

最近では、靴合わせのプロ・シューフィッターが常駐する靴店も多くなり
ましたので、プロに相談してみるのも良いでしょう。

これからは、デザインだけで選ぶのではなく、体の健康のことも考えて、正しい
靴選びをしたいものです。



お客様が当店でのご試着や、靴店でお買い物をされる際の参考になればと思います。