東京/三鷹のテニススクール/緑ヶ丘テニスガーデンが運営するテニスショップ
 
買い物かごの商品が入っています 商品が入っていません


緑ヶ丘テニスガーデンが運営するテニス用品・練習グッズ専門店

  • ご利用ガイド
  • 会社概要
  • 送料・お支払い
  • メルマガ登録
  • お買い物カゴ
  • 楽天TOP
メールはこちら
緑ヶ丘テニスガーデンについてはこちら

ポイント最大7倍!!


30秒でわかる!テニス用品診断

  • ラケットの選び方
  • シューズの選び方
  • 練習グッズの選び方

緑ヶ丘テニスガーデンが選ばれる5つの理由

実績のあるプロコーチが在籍 確立された指導法 楽しいレッスンでメキメキ上達! 毎月ニューボールで気持ちよくプレー! 施設が充実

そんなお声にお応えします!

そんなお声にお応えします!

テニスを始めるには何から揃えればよいですか?
テニスをこれから始められる方は、下記のものを揃えていると安心です。

●ラケット(硬式テニス用のラケット)
スクールに通われる場合、最初はスクールのレンタルラケットでも良いと思います。
また、遊びで少しだけテニスをやられる方は、比較的安価な中古ラケットなどもお勧めです。

●テニスシューズ
コートの種類で対応のシューズがあります。
「とりあえず」という場合は、オールコート用のテニスシューズで良いでしょう。

●テニスボール(硬式用テニスボール)
まずは、練習用の硬式テニスボールが数個(2-4個ほど)あると便利です。

●ウェア
テニスウェアでなくてもOK。動きやすい服装がベストです。

●テニス用靴下
普通の靴下だとかかとやつま先部分が薄いので、足の爪など痛めやすくなります。
足を保護する意味でもかかとやつま先が厚手になっているテニス用靴下などがあると便利です。

●ラケットを入れるバッグ(もしくはラケットサック)
ラケットを1本だけ入れるサックタイプのものやリュックタイプ、荷物がたくさん入るラケットバッグなど様々な種類があります。入れる荷物の量を考えて、選ぶと良いでしょう。

●タオル
※夏・冬関係なく非常に汗をかきます。吸収性の高いスポーツ用タオルなどがベスト。
テニススクールの選び方について教えてください。
ほとんどのテニススクールでは体験レッスンを受けることができます。
まずは、体験レッスンを受講してみましょう。
体験レッスンを受講する際、下記のポイントなどをもとにスクールを選ばれると良いと思います。

・受講希望レッスンの時間帯がご要望や都合に合致していること。
・更衣室・シャワールームなどが清潔である。
・フロント、コーチなどスクールスタッフが笑顔で出迎えてくれる。
・レンタルラケットなどがあり手入れが行き届いている。
・コーチの経験が豊富である。(経験豊富な30代以上のコーチが多くいる)
・クラスの雰囲気が明るく、他のスクール生とも馴染むことができる。
・レッスン以外に年間を通じて随時イベントなどある。

各項目を○△×などでチェックして、判断材料としてください。
ラケットの選び方を教えてください。
硬式用のテニスラケットは、各メーカーから様々なものが発売されています。
はじめてラケットを選ぶ時には下記のポイントをもとに選ぶと良いでしょう。

【1】フェイス面積(ラケット面の大きさ)
初心者は100平方インチ以上がお勧め

【2】重さ(ラケット重量)
初心者は300g以下がお勧め

【3】グリップサイズ(グリップの太さ)
平均はG2、手の大きさによって小さい方はG1、大きな方はG3を選ぶと良いでしょう。
(G1=細い、G2=平均、G3=太め)

【その他】ラケットの厚さ、形状、バランス、デザインなど、まずは【1】〜【3】を踏まえていれば安心です。

ちなみにフェイス面積:100平方インチで重さが300g程度のラケットが現代のスタンダードとされ、ゴールデンスペックとも言われています。

また、デザインも選ぶ重要な要素なので、是非色々なデザインのラケットを見てみましょう。
メーカーやモデルによって特徴があり、毎年進化しているので、徐々に知識を身につけ自分好みのラケットを見つけましょう。
テニスボールの種類について教えてください。
テニスボールには大きく分けて下記の種類があります。

硬式テニスボール
・練習用ノンプレッシャーボール
・練習用プレッシャーボール
・試合球

すべてのよくある質問はこちら




ポイント最大7倍!!