より美しく、健康に。自然な寝具のできること−眠りのプロショップ−
 
買い物かごの商品が入っています 商品が入っていません



自然な眠りをコンセプトに、上級睡眠健康指導士による快眠コンサルティングと快眠フィッティングで最適な寝具選びをサポートします。


熊本地震 募金のお知らせ4/30まで
毛布・ブランケット
厳選素材:リネン麻特集
羽毛掛け布団
ベッド用寝具
敷き布団
カバー
枕
羽毛ふとんリフォーム

営業日カレンダー
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
2016年6月
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
休業日
配送休業日
配送のみ

オーダーメイド 羽毛ふとん 羽毛ふとん リフォーム 打ち直し
ドイツ ビラベック羊毛敷きふとんヴォルフ RELAXリラックスウッドスプリングシステム
畳 フロアー用敷きふとん マットレス ベッドフレーム

枕の選び方

 蒸れずに暖かい
 羽毛布団の理想形を追求した
 オリジナル羽毛布団掛け+肌セット
 少し高いけど買ってよかったです。
 眠りの質が良くなりました。
 満足度97%羊毛敷き布団
 使いやすさと寝心地と
 耐久性を考えて作った
 店主自慢のマットレス

おふとんに入った時の『ひやっ』と感が嫌なのですがどうにかならないですか?

冬のお布団って温めていないと、いつまでも冷たいですよね。
『ひやっ』としないためには、接触温感を高くすることが大切です。
解決方法は毛布やネル素材、タオルなどのパイル織り素材などの起毛している素材が接触音感の高い素材と言えます。
その中でもおすすめなのは、ウール素材で起毛している商品。
天然素材繊維には、植物系繊維と動物系繊維がありますが、一般的には、身体を寒さから守るためにある動物系の繊維のほうが高い保温力を持っています。
ですので、毛布でも獣毛であるカシミヤやアルパカ、キャメルやウールなどが温かい冬用寝具の素材として使用されているのです。
では、本題に戻して『ひやっ』としないために必要なのは毛布ですが、その中でも敷毛布がおすすめ。もちろん上下に毛布を使うのが理想ですが、 どちらか一方をおすすめするのであれば絶対に敷毛布です。
掛ふとんと比べ、身体への密着度の高い敷ふとんの方が熱を多く奪います。
ですから、敷側の接触温感を高くすれば『ひやっ』と感じることも軽減されるのです。
ぜひこの冬は、敷毛布デビューをしてみませんか。
【補足】
寒くなると多くの方が温かい掛ふとんや毛布を探しに来られますが、実は冷える原因は他にあります。
ちょっと質問です。熱は、高い方から低い方へ移動するか、逆に低い方から高い方へ移動するかご存知でしょうか?
理科の時間を思い出してください。
正解は、熱は高い方から低い方へ移動します。
これを寝具に置き換えてみると、一番冷えているのはどこでしょう?
実は寝具ではなく床です。
寝具じゃないじゃないかとお怒りの方はごめんなさい。
寝具が寒いと思い込んでいる方に床が寒いという盲点をお伝えしたかったのです。
先ほどの熱の移動を考えると、体の熱はまず布団カバーへ伝わります。その次に敷ふとんやマットレス。そして最後に床へと伝わります。
空気の層は、最高の断熱材と言われるように、空気の移動がなければ熱を伝えることはほとんどありません。
しかしながら床は広いですから、熱をどんどん奪っていきます。
しかも、昔ながらのお家の1階部分の床下は、湿気がこもらないように風が通るようになっています。これでは、いつまでたっても敷ふとんが暖かくなることはありません。
ではどうすればよいのでしょう。
答えは2枚敷きにすることです。
先程も言いましたが、『最高の断熱材は空気』ですから、空気の層となるマットレスや敷ふとんを厚くすることで高い断熱効果が生まれて、暖かく眠ることができるのです。
『ひやっ』から離れてしまいましたが、もしあなたがせんべい布団で寝ているとしたら、まず暖かく眠るためには布団の見直しが必要です。
寝具選びや眠りに関するご質問・ご相談などありましたら、お気軽にご連絡下さい。


しっかりした寝心地と
抜群の耐久性で長持ちします
ウッドコイルスプリングマットレス
捨てるなんてもったいない!
羽毛は大切な資源です
新品同様にリフォームで
継ぎの10年をつかいましょう
当店スタッフ使用15年目に
本当に良いものは長持ちします
当店オリジナル羊毛敷ふとん