ランプ教室

ランプ教室

名   称 説   明
白色 昼白色に比べるとやや黄味がかかった落ち着いた雰囲気の色です。
温白色 照明空間を明るくかつ落ち着いた柔らかな雰囲気で満たす色です。
昼光色 やや青味のある光色ですっきりとした白さを表現、洗練したイメージが得られます。
昼白色 白色で白さが引き立つ色です。食品、食器、衣類など物の色を美しく自然にみせます。
電球色 白熱電球のような暖かい光色が得られ、落ち着きと安らぎのある雰囲気をつくります。
3波長域発光形(EX) 光の3原色である青、赤、緑、の波長に光を強く発光させ、演色性を向上、色がくっきりときれいに再現できます。
人間の目の明るさを感じる度合いの高いところに光を分布させ、明るさを向上させています。
演色性と明るさを両立させたランプです。普及形よりも明るく感じます。
グロー形ランプ 点灯管(グロー)を使用して点灯するタイプのランプです。
ラピッド形ランプ 言葉の通り、即時点灯タイプのランプです。
点灯管(グロー)を必要としません。ラピッドタイプの照明器具に使用します。
省電力形ランプ 省電力形(ワットブライター)は節電設計でつくられており消費電力が節約できるランプです。
基本的に連続調光、非常灯、誘導灯の器具には使用出来ませんが、器具の銘板にランプ形名が記載されている場合のみご利用になれます。電流値が高いため発熱量が多い場合があります。
カタログ値の明るさは変わらないのですが人によっては暗く感じている方もいます。
電球形蛍光ランプ 従来のシリカ電球、ボール電球に対応する蛍光ランプが普及してきました。
寿命約6倍、電気代約4分の1、光源色もW数も選べる省エネルギーのランプをお試しください。
ただし、ON/OFF頻度の高い家庭の洗面所やトイレなどには不向きです。
最近では、ON/OFF頻度の高い点滅繰り返しに強い商品も発表されました。(2004年7月東芝製)
HFランプ 一般白色蛍光ランプに比べ1.5倍(高出力時)明るいランプです。
室内を明るくしたい場合などのリニューアルの時は効果の出るランプです。
照度(lx) 照らされる場所の明るさのことです。
1lx(ルクス)とは、面積1平方メートルの面上に1lm(ルーメン)の光束が平均に照射しているときの照度のこと。
明るさの目安としては設計室:750〜1500ルクス,会議室・事務室:200〜750ルクス,廊下・階段:75〜150ルクス。
色温度(K) 光源の光色を客観的な数値で表したものを色温度と言います。
単位はK(ケルビン)です。色温度が低い程、赤味を帯びた光色になり、色温度が高い程、青っぽい光色になります。
昼光色:約6700K,昼白色:約5000K,電球色:約3000K。
平均演色評価数(Ra) 光に照らされた物体の色の見え方の基準です。太陽光を100としております。
通常の蛍光ランプで約60、高演色ランプでは98にもなります。ただし明るさの基準ではありません。
全光束(lm) 光の量を表す単位です。この数値が高ければ高いほどそのランプは明るいということです。
しかし、個人差や好みの光源色があり人間が感じる明るさの基準として一概に言えない場合もあります。
定格寿命(Hr) 規定の試験条件下で点灯試験した時の、多数のランプの寿命平均値です。
保証時間ではありません。ON/OFFの頻度によって総点灯時間は大きく変わります。
ランプ効率(lm/W) ランプの全光束をその消費電力で割った値。このランプ効率が大きいほど効率の良い明るく経済的な光源といえます。
高演色形 高演色形は演色性を高め、物体の色をより自然に再現するランプです。 (AAA,AA等)
品質管理部門・検査、色見部門・印刷会社・写真会社等に良く使われております。
点灯管 グロースターター照明器具でランプの始動に使用するものです。
点灯管はランプの交換時にあわせてお取替えいただくことをお勧めいたします。
最近では寿命が約10倍の電子点灯管も使用されています。
電子点灯管 従来のグロー方式点灯管は動作回数が6,000回以上ですが、電子点灯管は約10倍の60,000回以上。
丈夫で長持ちします。
電子回路を内蔵した点灯管ですので、従来のグロー方式点灯管のかわりにそのままお使いいただけます。
点灯時間も早くなります。
結果的に蛍光灯の寿命も伸びます。
飛散防止膜 ランプが破損してもガラス片が飛び散りにくい、合成樹脂の皮膜を採用しています。
万一物が当たってランプ破損した場合、ガラス片の飛散を最小限にとどめることが可能です。
ブラックライト 可視光線をほとんど放射せずに蛍光作用の強い近紫外線を効率よく放射するランプです。
各種鑑別、舞台,看板などの照明に使用します。

 友達にメールですすめる   お気に入りページに追加