カーメイト チャイルドシート 


TOPページに戻る>> 





カーメイト チャイルドシートプレゼント
カー用品のカーメイト社が開発したチャイルドシート「エールべべ」。現役のパパママ集団が開発者となり、お子様への安全性・快適性はもちろんのこと、自分たちの子育ての経験を生かして、パパママが使いやすい設計・機能を追求しているエールべべは、家族みんなに快適な「おでかけ」をお手伝いします。

エールベベ・プレシールドの詳しい説明はこちら

カーメイト チャイルドシート 

カーメイト★チャイルドシート★エールべべ・プレシールド
応募期間 10月01日12時00分〜11月30日23時00分
プレゼント期間は終了しました
当選数 1
 友達にメールですすめる
 ケータイにURLを送る
 お気に入り商品に追加

ラッキーな当選者は以下の当選番号をお持ちの方です。

202751-10708837-k  愛知県 S.S様

色:シャインイエロー
1台で11才ごろまでのカラダに合わせることができる快適設計
国土交通省「2003年・新基準」である「前方向の頭部移動量550mm(衝突速度50km/h)」を大きく下回る451mmを実現
・10mm厚のウルトラクッション
・最大高さ130mm、一体成形のオールサイドサポート
・2段階調節ベルトガイド




  • 適応体重 For weights/9kg以上36kg以下 +9〜-36kg
  • 適応身長 For heights/75cm以上140cm以下 +75〜-140cm
  • 参考年齢/1才〜11才ごろ
  • 製品質量 Product weight/6kg
  • 製品サイズ Dimension/H725×W450×D485mm
  • 3点式シートベルト専用 For 3 point adult seat-belt
  • 安心のメーカートリプル保証





カーメイト★チャイルドシート★エールべべ・プレシールド
応募期間 07月13日15時00分〜09月13日23時00分
プレゼント期間は終了しました
当選数 1
 友達にメールですすめる
 ケータイにURLを送る
 お気に入り商品に追加

ラッキーな当選者は以下の当選番号をお持ちの方です。

202751-8552988-k 兵庫県 A.Yさん

懸賞まつり(kbm)
1台で11才ごろまでのカラダに合わせることができる快適設計
国土交通省「2003年・新基準」である「前方向の頭部移動量550mm(衝突速度50km/h)」を大きく下回る451mmを実現
・10mm厚のウルトラクッション
・最大高さ130mm、一体成形のオールサイドサポート
・2段階調節ベルトガイド




  • 適応体重 For weights/9kg以上36kg以下 +9〜-36kg
  • 適応身長 For heights/75cm以上140cm以下 +75〜-140cm
  • 参考年齢/1才〜11才ごろ
  • 製品質量 Product weight/6kg
  • 製品サイズ Dimension/H725×W450×D485mm
  • 3点式シートベルト専用 For 3 point adult seat-belt
  • 安心のメーカートリプル保証






どうしてチャイルドシートを使わなくてはいけないの?
もしもの事故が起きた場合、人間の体は自分で支えることが出来ません。
大人の場合シートベルトを使用することによって車外への放出、前方への衝突を防ぐことが出来、事故の時のけがを軽減することが出来ます。生まれたばかりの赤ちゃんや大人のシートベルトをまだ使用する体型ではない子供にはシートベルトの代わりにチャイルドシートを使うことがけがを最小限に軽減するための手段となります。
また、法律でも6才未満の子供にはチャイルドシートを使用させることが運転手に義務づけられております。(違反点数:1点)
どのようなチャイルドシートが安全なの?
日本の基準である国土交通省型式指定(認定)基準、アメリカのFMVSS−NO.213、ヨーロッパのECER44.03いずれかの基準をクリアしている物を選びましょう。
メーカーにより偏った表現のある場合がありますが、何よりも大切なことはお使いになる車にしっかりと取り付けることが出来るチャイルドシートを選ぶことです。
ぐらぐらの状態でチャイルドシートを使用した場合、事故の時にかえって危険を招く場合があります。
いろいろな種類のチャイルドシートがあるのですが、どうやって選べばいいの?
新生児用:横向きに寝かすことが出来るベッドタイプ(体重が8kgを越えると後ろ向き拘束になります)、車両の進行方向とは反対向きに載せる後ろ向きタイプがあります。 ベッドタイプは平らに寝かすことが出来る反面、スペースを大きく使用する欠点があります。
後ろ向きシートは、もしもの事故が起きたときの衝撃を「背中全体で吸収して赤ちゃんの弱い体を守る」という考えによるものです。背もたれ角度が車両に乗せたときに45度位になる物を選びましょう。

幼児用:車両の進行方向に向かってお子さまを座らせます。3点固定タイプは、シートベルト通し位置により取付けできない車種がありますので確認しましょう。

ジュニアシート:大人のシートベルトを使用しますが骨盤の位置、肩の位置を合わせるために調節する物です。背もたれの付いている物とそうではない物がありますが安全性は変わりません。背もたれはお子さまが眠った時のサポートになります。

新生児と幼児兼用の物、座面を固定した後シートが回転する物、幼児用とジュニアシ−トが兼用できる物等メーカーにより豊富なバリエーションがありますので購入前に各社のホームページやカタログをよく見て検討しましょう。

何故、車種(クルマのタイプ・年式 等)による『適合』を調べてから購入しないといけないの?
車のシートベルトは大人の体のことを考えて開発されており、チャイルドシートを取付けるために適した寸法にはなっていない場合があります。ちょっと見た目には問題を感じられないような車でも取付けできない場合があります。必ず車種別適合表などで購入前に車とのマッチングを確認しましょう。
また、実際にクルマへの試し付けもおすすめします。 (※試し付けの可・不可は販売店にご確認ください。)
チャイルドシートを選ぶ場合、どのような方法で選べばいいの?
  1. お子さまの体格にあったチャイルドシートの候補を絞る
  2. ご自分の車に取付けできるチャイルドシートの候補をあげる
  3. 兼用タイプ、回転タイプなど商品の特徴をみてご予算、使用環境などを考慮の上ご自分にあった商品を選択する