小田原 石綿さんの有機JASキウイ※無肥料栽培

★知る人ぞ知る、石綿さんの無肥料キウイ。
5月中旬で販売終了ですので、終わってしまう前にぜひ!

「有機JAS」キウイが3個270円だなんて、そもそもお値打ちです(>_<)
なのに、共同購入で3個215円だなんて、普通は買えません〜
冷蔵庫で2週間は日持ちしますので、まとめ買いもおすすめ!

★早々と完売させていただき、ありがとうございました!
追加販売しましたので、ご利用くださいm(_ _)m

小田原 石綿さんの有機JASキウイ
※無肥料栽培

無農薬・無肥料のキウイフルーツ(有機JAS認定)

石綿さんは、キウイフルーツ畑一面に「ヘアリベッチ」というマメ科の植物(牧草の一種)を植えています。キウイ畑の地表部を覆い、ある程度育ったところで土に鋤きこんで緑肥にすることで、ヘアリベッチの他感作用と窒素固定機能も働かせ、雑草防除と窒素養分の供給をも果たすという一石二鳥の農法として他の果樹栽培にも利用でき、最近では他の生産者でも取り入れる方が増えています。

ヘアリベッチを下草としてして利用


◆生産者は石綿さん

石綿敏久さんは、神奈川県小田原市で300年続く農家の15代目。7ヘクタールの森林でMOA自然農法による果樹栽培を行っています。当社の太陽食品株式会社とは、MOA自然文化事業団を通じて長年のおつきあい。
石綿さんは有機農業を始めて20年余り。キウイフルーツを日本で初めて無肥料で栽培したことでも有名です。本職のお百姓仕事のかたわら、「小田原有機農法研究会」の会長さんとして忙しく活動されています。


石綿さんの無肥料キウイは、自然農法果樹栽培のお手本。
今でも、国内外からの視察団体が訪れます。


「ヘアリベッチ」を利用した果樹栽培は草で草を制すという方法で、除草の省力化・
土壌改良・病虫害防止に効果があるため、最近では多くの果樹農家が
取り入れ始めていますが、日本で最初にこの手法を試したのは石綿さん。
石綿さんの取り組みは、各種農業雑誌、新聞等に取り上げられ、
その後たくさんの国内外の農家の方が視察に訪れるようになりました。 


農業共済新聞(平成10年8月5日掲載)


「現代農業 2001年 9月号


「環境保全型栽培事例集」での
特集記事が組まれました。
(平成10年)


●石綿さんの行っている「MOA自然農法」とは?

岡田茂吉師が、自然尊重、自然順応を基本として昭和10年に創成し、永続的かつ体系的な生産方式である
自然農法について、その定義、及び、それに基づく農産物の栽培、畜産・養鶏の飼育、並びに、それらを
原材料とする加工食品の製造に関し、その規準を定めたものです。
MOA自然文化事業団は、日本では唯一の自然農法研究団体として知られ、当社(太陽食品)とも
深いつながりがあります。
商品の取り扱いはもとより、各種教育活動にも参加しています。
(※MOA自然文化事業団モデル農場「大仁農場」見学風景>>> )



本来の自然農法の植物には病気などない。
人間の勝手な都合が植物の病気を作り出したんだ。

石綿さんのキウイフルーツ畑は、19年前から無肥料栽培。キウイフルーツ作りで一番むずかしいのは、どんな農薬を使っても退治することのできない「かいよう病」の病害対策です。
1本の木がかかってしまうとそのキウイ畑はおろか、周辺の、さらには産地全体が全滅してしまう恐れがあるほどの怖い病気です。
肥料を使わないことでかいよう病を抑えることができると思った石綿さんは、ある時思い切った実験をしてみました。それはなんと、「かいよう病」にかかったキウイの枝を自分の木に接木するというもの。人はまるで「気が狂ったのか?」とでも言わんばかりでした。
しかし、「かいよう病」は、石綿さんのキウイの木には何度やっても移らなかったのです。
これで「かいよう病は肥料が原因だ」と確信しました。本来キウイには病気などないのに、収量を増やしたいという人間の勝手な都合で大量に肥料を使った結果、人間がかいよう病を生み出したのだと。この実験以来、周囲の目は変わりました。

2007年3月に石綿さんのキウイ畑を訪ねました。キウイの木は剪定も終え裸状態、これから1枝1枝、ロープに固定していく作業をし、今年のキウイ作りの始まりです。


キウイは、皮ごと食べるのがおすすめ!
「キウイはこうやって食べるものだよ。」と石綿さんが1個のキウイをサラサラと水で洗って、そのままムシャムシャと食べてしまったのにはびっくり!キウイの皮って、必ず剥くものだと思っていましたが、本場のニュージーランドでは、皮ごと食べるのが普通なんだそうです。
 私も試してみましたが、本当に皮ごと食べられました!
まったく皮は気にならなかったです。食物繊維もとれて、逆に一石二鳥! 農薬を使っていないキウイだからできることですね!


キウイのお尻をむしって→そのままガブリ!


無肥料栽培のびっくり!2年たっても腐らない!
肥料の有無で、キウイの何かが違うんです!


下の2つのビンは2年前のキウイです。どちらも有機栽培のものですが有機栽培にもいろいろあって、左は石綿さんの無肥料キウイ、右は友人の遠藤さんのキウイで有機肥料を与えたもの。石綿さんのキウイは、 ほとんど傷み無し!無肥料のキウイと 肥料を与えたキウイは中身が違うんですって! (食べられるかは試していないそうです。多分ムリ?)


●無肥料のキウイ
石綿さんのキウイは2年たっても見た目は普通のキウイと変わらない!

●肥料を与えたキウイ
茶色い汁が染み出して、形も変形しています。

店長もプチ実験してみました〜
下のキウイは、一昨年の11月に収穫したものを翌年の9月末に切ったもの。密封容器に入れ、かつ冷蔵庫に保管していたものです。「どのくらいもつのかな?」と試してみたのですが、収穫後約11ヶ月でこの状態!味もほとんど変わらずでした。石綿さんのキウイは長持ちするということ、納得しました!

収穫後約11ヶ月後のキウイ

 キウイの賞味期限について

石綿さんのキウイは、11月に収穫したものを冷蔵庫で保管しており、それを5月いっぱいで出荷しますが、お届けする際のメモには「冷蔵で賞味期限2週間程度くらいにお召し上がりください」と記載させていただいております。(一番美味しく召し上がっていただく期間を設定しております。)上記のように、石綿さんのキウイは2年たっても外観はほとんど変わらずですが、あくまでも外観での比較ですので、賞味期限が2年とはお考えにならないでくださいm(_ _)m 。(ご家庭でも冷蔵庫で保管していただければ、半年くらいは食べられるだろうと石綿さんはおっしゃっていました。)最低でも1〜2ヶ月は大丈夫だろうとは思いますが、その際は冷蔵庫に保管してくださいね。でも皮が柔らかくなりましらお早めにお召し上がりください。

■容量:3個(袋入り)
※大体1個当たり100g程度です。
(ただし手作業による選別ですので多少の誤差はご容赦ください。)
■生産者:石綿さん(神奈川県小田原市久野)
■配送方法:常温(冷蔵商品との同梱可)
※有機JAS認定のキウイフルーツ、化学肥料・化学農薬使用なし。

※発送は5月7日以降となります。無農薬 無化学肥料/有機栽培/有機JAS
※他の商品との同梱も可能です(冷凍品不可)

小田原 石綿さんの有機JASキウイ(1袋3個入り) 
※日本で初めての無肥料栽培
スタート価格: 270円 (税込) 送料別
共同購入値引率
販売数 商品単価
1〜1 270円(税込)
2〜100 215円(税込)
購入数 袋 
 友達にメールですすめる
 ケータイにURLを送る
 お気に入り商品に追加
 レビューを書く
[!]共同購入に関して
スタート価格 270円(税込)
現在の価格 215円(税込)
割引率 20 % OFF
取扱数 100袋(最大購入数:20袋/販売単位:1袋)
現在の販売数 100袋
次の価格 終了しました
共同購入 販売期間 2007年04月26日22時00分〜2007年05月08日22時00分
この商品のお支払方法 利用可能なお支払方法はこちら
この商品の配送方法 利用可能な配送方法はこちら
消費税
送料
代金引換手数料
現在の購入状況 (最新の20件)
  購入日時 購入数 ニックネーム コメント
1 04月27日 20時48分34秒 15 レピッシュ  
2 04月27日 11時08分07秒 10 okya6120  
3 04月27日 10時53分11秒 15 ブリちゃん  
4 04月27日 06時05分48秒 10 Yakeさん  
5 04月27日 05時09分03秒 10 vickykunn  
6 04月27日 02時13分05秒 20 ハイツ  
7 04月26日 22時14分29秒 20 ととと6586  






小田原 石綿さんの
有機JASキウイ(1袋3個入り) 
※日本で初めての無肥料栽培
★追加販売中です
スタート価格: 270円 (税込) 送料別
共同購入値引率
販売数 商品単価
1〜1 270円(税込)
2〜100 215円(税込)
購入数 袋 
 友達にメールですすめる
 ケータイにURLを送る
 お気に入り商品に追加
 レビューを見る(1件)  レビューを書く
[!]共同購入に関して
スタート価格 270円(税込)
現在の価格 215円(税込)
割引率 20 % OFF
取扱数 100袋(最大購入数:20袋/販売単位:1袋)
現在の販売数 100袋
次の価格 終了しました
共同購入 販売期間 2007年04月27日23時00分〜2007年05月10日21時00分
この商品のお支払方法 利用可能なお支払方法はこちら
この商品の配送方法 利用可能な配送方法はこちら
消費税
送料
代金引換手数料
現在の購入状況 (最新の20件)
  購入日時 購入数 ニックネーム コメント
1 05月07日 11時55分35秒 7 hama666  
2 05月04日 22時52分41秒 12 生まもの 5・2の商品と同梱
3 05月03日 00時00分14秒 4 asukaママ6147  
4 05月01日 21時29分26秒 10 マツミオ 5/10着希望
5 05月01日 17時42分30秒 20 たかたかこう 同梱あります
6 04月30日 23時10分38秒 3 mo_0m  
7 04月30日 18時08分15秒 20 bonbonbons 同梱あり
8 04月30日 16時32分19秒 10 ととと6586  
9 04月29日 21時04分56秒 6 denali1216 同梱あり
10 04月29日 17時17分26秒 2 rico401 同梱あり
11 04月27日 23時04分31秒 6 rabiya  

■容量:3個(袋入り)
※大体1個当たり100g程度です。
(ただし手作業による選別ですので多少の誤差はご容赦ください。)
■生産者:石綿さん(神奈川県小田原市久野)
■配送方法:常温(冷蔵商品との同梱可)
※有機JAS認定のキウイフルーツ、化学肥料・化学農薬使用なし。

※発送は5月8日以降となります。無農薬 無化学肥料/有機栽培/有機JAS
※他の商品との同梱も可能です(冷凍品不可)




昔は「変人」だったのに、
今じゃ、あちこち
かり出されるよ(苦笑)

「環境保全型農業」に
ついてスライドを
使って講演中。
20年前から自然農法で農業をしている石綿さんですが、昔は周囲から取り残され「変人」扱いされていたそう! それが今や日本中からの視察者が石綿さんを訪れ、また行政からの引き合いが後をたちません。大きな講演会の講師としても招かれるようになり、とまどう毎日。「私は昔から何も変わっていないんだけど、回りが変わってきたんだよ。」と苦笑いです。
◆石綿さんの活動内容

・20年余り、有機農法を実施
・(NPO法人)MOA自然農法文化事業団正会員
・MOA自然農法小田原普及会会長
・全国環境保全農業推進コンクールで「奨励賞」受賞(平成10年度)
・東京都有機農産物流通モデル事業指定生産者に認定(平成11年)
・地元の久野小学校稲作勉強会を12年間継続
・有機JAS法「認定書」取得(平成13年)
・「小田原有機農法研究会」生産工程管理責任者
その他、自然農法体験ツアーの受け入れ
・国内外の圃場視察団体の受け入れ
・セミナー等の受け入れ
・各種講演活動

●市民農園の講師に

小田原市の都市農業成長特区によるNPOが運営する市民農園が「あやもようの丘」。石綿さんはここでの栽培指導を行っています。ここで多くのご家族に自然農法の素晴らしさを教えていらっしゃいます。

子どもとおとなが織り成す「 あやもよう」。自然が教えてくれることはたくさん!
●小学校で稲作指導

地元の久野小学校では、12年間にわたり、化学肥料や農薬を使用しないで環境保全と自然循環型土作りを主体としたお米作りを「食育」活動の一環として行っており、その指導にあたっています。
     
●果樹の無肥料栽培
の先駆者として


石綿さんはキウイフルーツを日本で最初に無肥料で作ったことでも知られています。多くの果樹農家の方が石綿さんを訪れ、無肥料について学びに訪れます。

牧草ヘアリベッチを利用して、肥料効果と雑草対策
●「有機JAS」事務

周囲の自然農法の仲間たちをとりまとめ、苦労して「有機JAS認定」を取得。その維持のための膨大な事務作業を一手に引き受けています。「大変だけれど、自然農法を普及していくために必要なことなんだ。」

 「有機JAS」は取得も
大変だけど、維持していくのがまたしんどい。
●本職の農業も果樹栽培を中心に、1年中休まるときがありません。

みかん、レモン、青梅、キウイフルーツ、田んぼ、それに竹の子・・と手入れ、収穫しなければならない畑はたくさんなのに、本職の農業の仕事がどうしても後回しになってしまうのが悩みの種だそう。「時々、俺はホントは百姓なのに、何やってんだろう?」と思うことも。「でも、自然農法を人に伝える。これも大事な仕事だからね。」

左からキウイフルーツ、青梅、レモンの果樹園


★ 石綿さんからのメッセージも是非ご覧ください!>>> ★

★共同購入

楽天 共同購入