繊維の種類と性質

但馬屋トップ>> 布の豆辞典>>繊維の種類と性質

繊維の種類と性質

繊維の種類と性質
種  類 おもな用途 特  徴
天燃繊維 植物繊維 綿 下着、タオル、ハンカチ、敷布、作業着、シャツ、浴衣など 保湿性、通気性、耐久性が高いが、シワになりやすく、縮みやすい。
夏物衣類、ハンカチなど  引っ張りに強く、ひんやりした独特の肌触りがあるが、シワになりやすく、縮みやすい。
動物繊維 セーターなどの冬物衣料、毛布  吸湿性、保湿性に優れ、シワになりにくいが、熱に弱く、縮みやすい。黄変することも。
和服、ネクタイ、ブラウス、スカーフ、パジャマなど  しなやかで吸湿性に優れ、あたたかい。薬品などに弱く、黄変することも。
鉱物繊維      
化学繊維 レーヨン 下着、寝具、裏地、カーテンなど 肌触りがいいが、シワができやすく、水に弱い。
キュプラ レインコート、和装用下着、スカーフなど 染めやすい。絹に似た光沢をもつ
アセテート ブラウス、ふろしき、スカーフ、子供服など 絹のような光沢と肌触りをもち、軽くて吸湿性があるが、アルカリに弱く、摩擦で痛みやすい
プロミックス スーツ、ワンピース、スカート、ふろしき、帯、ネクタイなど 絹のような光沢と肌触りをもち、染色効果が優れている。酸やアルカリにも強い。
ナイロン 靴下、水着、スポーツウェア、下着、子供服など 丈夫で軽く、乾きやすいうえ、酸やアルカリに強いが、吸湿性が低く、静電気が生じやすい。
ポリエステル ワイシャツ、レインコート、プリーツスカート、ズボンなど シワにならず、型くずれしにくいうえ、耐久性があるが、静電気が生じやすい。
アクリル セーターなどの冬物衣類、毛布など 軽くてやわらかく、保湿性が高いうえ、酸、アルカリに強いが汚れやすく、毛玉ができやすい。
ビニロン トレーニングウェア、学生服、作業服など 吸湿性が高い。摩擦に強く、保湿性にも優れているうえ、酸やアルカリにも強いが染めにくい。
ポリウレタン 水着、婦人用下着(コルセット、ブラジャーなど)、包帯など 伸縮性がとても高い。摩擦、引っ張りに強く、酸やアルカリにも侵されにくいが耐熱性に劣る。
ポリクラーレ 婦人服、作業服、コート、カーテンなど 羊毛のような軟らかい肌触り。熱に強く、燃えにくいが、引っ張りには弱い。