知育玩具
選び方ガイド

わが子にぴったりな知育玩具を選ぼう!
知育玩具でもう迷わない!

「知育玩具」と呼ばれるおもちゃをご存じでしょうか?知育玩具は、子どもの能力や素質を伸ばせる可能性があるグッズであり、近年では多くの親御さんから注目されています。
ここでは、知育玩具の効果や基礎知識などについてご紹介していきましょう。

知育玩具で遊ぶことのメリット

知育玩具とは、子どもの知能的な発達を促進する効果があるとされている玩具のことです。一般的な玩具とは区別されており、中には教材的な機能を備えた知育玩具も見られます。
では、この知育玩具には具体的にどのような効果があるのでしょうか?知育玩具のメリットについて、以下で詳しく見ていきましょう。

【メリット1】国語や算数などを遊びながら学習できる

知育玩具の中には、国語や算数を学べる製品が数多く見られます。一般的なおもちゃと同じように遊ぶだけで、例えばひらがなを覚えたり、計算力を鍛えられたりするので、親御さんが見ていない状況でも学習を進めることができます。 教材として活用できるものの、「おもちゃ」としての機能も十分に果たすので、子どもがモチベーションを奪われることもありません。

【メリット2】想像力や発想力などを伸ばせる

知育玩具では、学業に関する知識だけでなく、想像力や発想力も伸ばすことができます。想像力や発想力が伸びれば、将来的に芸術の才能が開花する可能性がありますし、社会に必須なコミュニケーション能力なども身につくでしょう。

【メリット3】知能指数が高くなる

知育玩具には、知能指数(IQ)を伸ばす効果もあると言われています。知能指数が高い人間は、学業の面で優れていることはもちろん、以下のような人間性が身につきやすいとされています。

・情緒が安定する
・自立心が高くなる
・自制心が強くなる

人間性も高まる可能性があるので、知育玩具は躾にも役立つおもちゃと言えるでしょう。

知育玩具を選ぶポイント

どのような知育玩具でも、子どもの能力や素質を伸ばせるわけではありません。能力や素質を伸ばすには、各子どもに適した知育玩具を選ぶことが必要になります。
そこで以下では、知育玩具を選ぶポイントについて解説していきましょう。

【ポイント1】子どもが興味を示す製品を選ぶ

効果のある知育玩具を選んでも、子どもが興味を示さなければ意味がありません。知育玩具は、子どもが積極的に遊ぶ意欲を見せてこそ、最大限の効果を発揮するものです。
そのため、基本的には子どもが楽しめる知育玩具を選ぶようにしましょう。

【ポイント2】対象年齢、推奨年齢を確認する

ほとんどの知育玩具には、対象年齢や推奨年齢が設定されています。簡単すぎても難しすぎても知育玩具は効果を発揮しないので、子どもの年齢に適した製品を選ばなくてはなりません。
ただし、対象年齢が少し高い製品を選ぶなど、多少であれば時期をずらしても問題ないでしょう。子どもによって成長スピードは異なるので、対象年齢や推奨年齢だけでなく、子どもの成長も踏まえて製品を選ぶようにしましょう。

【ポイント3】数より質を重視する

知育玩具の効果を最大限発揮するためには、購入したおもちゃで長い期間子どもに遊んでもらう必要があります。そのため、多くの知育玩具を与えるのではなく、質の高い知育玩具を与えることを心がけましょう。
知育玩具を増やすタイミングは、現在持っている知育玩具の遊び方を子どもがマスターしてからで構いません。

木製の玩具の魅力とは?

知育玩具の中には木製の製品も存在しており、特に積み木などは長年多くの親御さんから選ばれやすい傾向にあります。木製のおもちゃには独特の魅力があるので、木製というだけで興味を示す子どもも少なくありません。
では、木製の知育玩具には具体的にどのような魅力があるのでしょうか?

【魅力その1】自然を感じられる

木製のおもちゃには、木の独特の香りが備わっています。また、見た目に関しても木特有の暖かさがあるので、遊んでいるだけで自然を感じられます。
自然から作られた知育玩具で遊ぶことによって、子どもは自然に対して興味を持つかもしれません。木でどのようなものを作れるのか、どのように作るのかなどに興味を持てば、さらに子どもの想像力や発想力は伸びていきます。

【魅力その2】壊れにくい

木製のおもちゃは、全体的に耐久性が高い傾向にあります。子どもは知育玩具を投げてしまう可能性もあるので、より壊れにくい製品を選ぶことは大切なポイントでしょう。
壊れにくい製品を選べば、長い期間同じおもちゃで遊び続けることができます。

※掲載写真はすべてイメージです。

知育玩具 選び方ガイド

わが子にぴったりな知育玩具を選ぼう!
知育玩具でもう迷わない!