全てのジャンル

家電

加湿器選び方ガイド

上手に選んでうるおいのある快適空間へ!
加湿器選びでもう迷わない!

冬場の乾燥を防いでくれる加湿器には、いくつかの種類があります。今回は、加湿器の種類ごとの特徴を、メリット・デメリットもあわせてご紹介します。

スチーム式加湿器

電気の熱で、水を沸騰させて発生したスチームを放出する種類です。電気ストーブやファンヒーターなどに、加湿機能として組み込まれていることもあります。
近年流行している、ペットボトルをタンクの代わりに使うコンパクトな製品もスチーム式です。中には、ペットボトルに器具を取り付けるだけで、スチーム式加湿器に変身する製品も登場してきています。

【スチーム式のメリット】

1.沸騰後の蒸気が放出されるためカビや雑菌が発生しにくく衛生的です。
2.加湿力が高く即効性があります。

【スチーム式のデメリット】

1.常に水を沸騰させている状態であるため、消費電力が高めでランニングコストが高くついてしまいます。消費電力は小型の電気ストーブ程度であり、1時間あたり約9〜10円の電気代がかかることもあります。
2.過加湿で結露する可能性があるため、部屋に設置した湿度計を目安にこまめにスイッチを切り替える必要があります。ただし、最近では湿度センサーが搭載されており、自動でスイッチを切り替える製品も登場しています。
3.水が沸騰するのに時間がかかるので、蒸気がすぐには出てきません。
4.水道水のミネラル分が蒸発皿に水あかとして溜まるため、こまめな掃除が必要です。ただし、最近はフィルターがついており、水あかを防げる製品もあります。
5.使用時やスイッチ停止後すぐは、高温の熱湯や蒸気が本体に溜まっているため注意が必要です。マグネットプラグタイプであれば、例えばコードに足を引っ掛けてもすぐにコードが本体から抜けて、本体は倒れにくいため安全です。

超音波式加湿器

超音波によって水を細かな粒子にし、粒子をファンによって放出する種類です。業務用タイプの製品も存在しており、花粉やウィルスを除去できる殺菌水を放出することができます。花粉やインフルエンザも予防できる殺菌水を放出するタイプは、主に病院やレストランなどの業務用として使用されています。

【超音波式のメリット】

1.水を沸騰する必要がないため、すぐに加湿が開始されます。
2.消費電力が小さく、ランニングコストが安く上がります。
3.水が沸騰する音やファンの音が小さく静かです。
4.加熱した蒸気を放出しないため、熱くならず安全です。
5.全体的に製品のサイズがコンパクトです。
6.アロマオイルを入れて楽しめたり、デザイン性が高かったりするものが多い傾向にあります。
7.全体的にリーズナブルな製品が多くなっています。

【超音波式のデメリット】

1.貯水タンク内で発生したカビや雑菌のほか、水に含まれるミネラルなども放出してしまいます。水道水のミネラルが放出されると部屋中に白い粉が発生し、電子機器が故障する原因にもなります。また、レジオネラ菌などの雑菌が繁殖して、体調に悪影響を及ぼす可能性もあります。
2.カビや雑菌を防ぐためのお手入れに手間がかかります。ただし、近年では浄水器を通してカルキ成分を抜いたり、紫外線殺菌灯や金属イオンを用いて雑菌の繁殖を抑えたりする商品も登場しています。

気化式加湿器

水を含んだ目の粗いスポンジ状のフィルターや不織布に、ファンで空気を通して加湿する種類です。

【気化式のメリット】

1.出てくる風が熱くないため、やけどの心配がありません。
2.エネルギーの使用量(消費電力量)が少なく、ランニングコストが安く上がります。
3.フィルターのカビを防ぐため、タンクの水を除菌する機能があったり、フィルターに抗菌コートを施したりしている製品が多い傾向にあります。

【気化式のデメリット】

1.ファンを用いるため本体が大きくなったり、ファンの騒音がうるさくなったりします。ただし、ファンを用いない自然気化タイプの気化式加湿器もあり、そのような製品であれば静かです。
2.加湿能力がほかの種類に比べると弱めです。
3.水道水に含まれるミネラルによる目詰まりを防ぐため、定期的なフィルター交換が必要です。
4.ほかの種類に比べて、すぐに加湿が始まらず即効性に欠けます。

ハイブリッド式加湿器

基本的には気化式と同じですが、湿度が下がったときにスチーム式などほかの方法に切り替えるタイプの加湿器です。フィルターを湿らせる水をお湯にするものや、送風する空気を電気の熱で温めてフィルターを通すものなどがあります。

【ハイブリッド式のメリット】

1.気化式ほど温度が下がることがありません。
2.吹き出し口が熱くならないため、やけどの心配がありません。

【ハイブリッド式のデメリット】

1.スチーム式に比べると加湿能力が劣ります。
2.装置が複雑であるため、ほかの種類に比べて高価な製品が多いです。
3.定期的なフィルターの交換が必要です。

※掲載写真はすべてイメージです。

加湿器選び方ガイド

上手に選んでうるおいのある快適空間へ!
加湿器選びでもう迷わない!

社会的責任[CSR]