炊飯器選び方ガイド

日本の技術力が詰まった“食卓の必需品”
炊飯器選びでもう迷わない!

日本の食卓に欠かすことのできない「ごはん」を炊く炊飯器は、一家に1台の必需品です。そのため、各メーカーはそれぞれ独自の技術開発を行い、年々改良が続けられてきました。日本の技術が詰まった炊飯器は海外からの訪日観光客にも人気があり、その品質は非常に高く評価されています。ここでは、そんな炊飯器の性能の違いによる選び方をご紹介していきます。

炊飯器の加熱方式の種類と特徴

炊飯器の加熱方式はモデルによって、「IH・マイコン・ガス」の3つに分かれます。熱の加え方の違いは、ごはんの炊き上がりに大きく影響を与える重要な部分になります。では、実際にどのような種類があるのか見ていきましょう。

IH炊飯器

IH炊飯器は熱効率が良く、強い火力で炊くことができます。IHとは、電磁誘導加熱(InductionHeating)の略称です。
外釜の底に設置されたIHコイルによって、電磁波を発生させて内釜自体を発熱させます。高価なモデルには底だけでなく側面にもIHコイルが設置されており、全体にムラなく炊き上がる仕組みになっています。温度の微調整がしやすく、保温性能も高い方式です。
一度に3合以上炊飯することの多いご家庭や、保温をよく使う方はIH炊飯器が使いやすいでしょう。

マイコン炊飯器

マイコン炊飯器は、ヒーターで釜の底を加熱して、マイコンで熱量を制御している方式です。構造がシンプルでメンテナンスが簡単であり、電気代も抑えやすいタイプです。世界で最も使われている炊飯器の方式であり、値段が安く、故障もしにくいとされています。
デメリットとしては、IH炊飯器よりも熱の強さが弱く、大量に炊飯すると炊きムラができてしまう点です。現在、炊飯器のラインナップは3合〜5合炊きのIH炊飯器が主流になっており、マイコン炊飯器は減りつつあります。しかし、実は2合以下であればIH炊飯器と炊き上がりの差はほとんどありません。一人暮らしの方や、少量しか炊かないという方におすすめのタイプです。

ガス炊飯器

ガス炊飯器の最大の特徴は、電気炊飯器よりさらに高火力なことです。直火ならではの最高1,200度の炎で一気に炊き上げることによって、お米の甘みや香りをぐっと際立たせます。
また、蒸らす時間を入れても30分程度で炊き上がることも魅力的です。最近は便利なタイマー機能が付いたものもあります。電気炊飯器よりも本体価格が安いので、ランニングコストも抑えられるでしょう。
その反面、オール電化での設置は難しく、ガス管の取り扱いが難しいというデメリットもあります。さらに、保温性能も電気炊飯器には劣ります。それでも「お米本来のうま味」にこだわる人達に、愛され続けている炊飯器です。

電気炊飯器のメカニズムをさらに詳しく解説

「電気炊飯器」と一言で言っても、メーカーごとに仕組みが異なります。仕組みとは「電気を使ってどのようにお米を炊き上げるか」というメカニズムのことであり、この部分はメーカーの力の入れどころです。特許がとられるような独自技術が多く、これを理由に同じメーカーの炊飯器を買い続ける人がいるほどです。
それでは、実際に各メーカーの炊飯方式をチェックしていきましょう。

圧力IH炊飯器

圧力IH炊飯器は、加熱の仕方はIH炊飯器と同じですが、内釜に圧力を加えて加圧調理するタイプです。圧力鍋と同じ仕組みであり、加圧によって釜を高温にできる上に、炊飯時間は短くなります。高火力の熱はお米の芯まで伝わり、弾力・甘みのあるごはんが炊き上がります。
デメリットとしては、お手入れをする部品が比較的多くなる点です。また、加圧用のパッキンが付いていますが、こちらも消耗品であり、ごはんを炊く回数が多いご家庭では数年で交換が必要です。
それでも、日本人好みのもちもちとした食感が楽しめるとあって、象印やタイガーなどIH炊飯器の多くがこの圧力IH方式を採用しています。

スチーム&可変圧力IH炊飯器

可変圧力とは、圧力をコントロールしてゆっくりと減圧し、お米の粒表面を崩さない仕組みです。さらに、高温スチームを内釜にまんべんなく行き渡らせることで、ベタ付きのないごはんに炊きあげます。この仕組みによって、ボタンひとつで数種類のかたさや食感への炊き分けが可能になっています。日本人のお米の味に対する、多様なニーズに応える機能と言えるでしょう。
スチーム機能はパナソニックの技術であり、現在では日立などでも採用されています。

超音波炊き炊飯器

三菱電機が産み出したオリジナル技術です。超音波振動によって、1秒間におよそ88,000回もの微振動をお米に与えます。これによって、芯までたっぷりと水が行き渡り、研いですぐ炊いてもお米の甘みが十分に引き出されます。
また、うまみコーティングによる保水膜ができ、冷めてもツヤのある美味しいごはんが食べられる点も魅力です。機種によっては超音波の強弱によって、お米の細かな炊き分けも可能になっています。

蒸気レス炊飯器

2008年、三菱電機から発売された世界初の「蒸気レス」技術は、炊飯器業界に衝撃を与えました。フタの内側に搭載されたカートリッジとパイプに蒸気を回収して、水タンクに送り出すというメカニズムです。蒸気口がなくなったことで密閉性が高まり、うまみ成分や甘みをアップさせることにもつながっています。
蒸気が出ない炊飯器はキッチンや戸棚の結露を防ぎ、火傷のリスクを減らしてくれます。これまで炊飯器と言えば蒸気が上がる高さを考慮しなければならず、収納場所が悩みのタネでした。その点、こちらの炊飯器であれば、インテリア性を損なわずに設置することができます。

※掲載写真はすべてイメージです。

炊飯器選び方ガイド

日本の技術力が詰まった“食卓の必需品”
炊飯器選びでもう迷わない!