扇風機選び方ガイド

財布にもやさしい冷房器具
扇風機選びでもう迷わない!

扇風機は古くから日本に普及している家電であり、現代でも主要な冷房器具として使用されています。しかし、古くからありふれている家電だからこそ、扇風機に関する重要な知識を見落としていませんか?ここでは、製品選びに役立つ扇風機の基礎知識についてご紹介していきます。

扇風機ならではのメリット

扇風機はエアコンに比べると「劣っている」と思われがちですが、扇風機にも扇風機ならではのメリットがあります。エアコンより優れている点もあるので、まずは扇風機のメリットを以下で確認しておきましょう。

1.電気代が安い

扇風機はエアコンに比べると、使用時の電気代が安い傾向にあります。
もちろん、家電の消費電力や部屋の環境によっても変わりますが、一般的なエアコンと扇風機を比較すると、扇風機のほうが10分の1以上電気代が安いとされています。
夏場にも比較的涼しい日はあるので、そのような日はエアコンをつけず、扇風機を使用すれば電気代を大きく抑えられるでしょう。

2.窓を開放した状態で使用できる

エアコンは部屋全体を冷やす家電であるため、窓を閉め切らないと電気代を大幅に無駄にしてしまいます。一方、扇風機は窓を開放した状態でも使用でき、部屋を換気しつつ涼しさを感じることも可能です。

3.体全体を冷やさない

冷え性の方などはエアコンによって体全体が冷えると、体調を崩したり、夏場なのに寒さを感じたりしてしまうことがあります。その点、扇風機は風の向きや強さを簡単に調節できるので、冷え性の方でも安心して使用することができます。

4.価格が安い

エアコンは10万円を超える価格の製品も多く見られますが、扇風機は数千円で手に入るものもあります。この初期費用の安さも、扇風機の大きなメリットと言えるでしょう。

扇風機にはどんな種類があるの?

「扇風機」と聞くと大きな羽根がついており、円形の首が回るタイプをイメージする方が多く見られますが、実は扇風機にもさまざまな種類があります。種類によってメリット・デメリットが異なるので、製品選びの前に各種類の特徴を理解しておきましょう。

リビング扇風機

上部に羽根、円形のカバーがついている、一般的なタイプの扇風機です。自分で分解をすることができるので、羽根やカバーを単体で洗うことができ、すっきりと収納しやすいタイプと言えます。
リビング扇(リビングファン)は特にさまざまな製品が充実しているので、デザインやサイズ、機能など多くの点にこだわることができるでしょう。

タワー扇風機

全体がタワー型になっており、「スリムファン」とも呼ばれる扇風機です。すっきりとした外観であり、設置場所のスペースを無駄にすることがありません。インテリア性が高いので、おしゃれな雰囲気が好きな方にはぴったりです。
ただし、リビング扇に比べると運転音が大きい点、分解することができない点などはタワー扇(タワーファン)のデメリットとなります。

壁かけ扇風機

リビング扇のように床に置くのではなく、壁に設置するタイプの扇風機です。設置スペースを節約しやすい扇風機であり、エアコンの近くに設置すれば、効率よく部屋の温度を下げることもできます。
ただし、壁かけ扇(壁かけファン)を設置するためには、壁に穴を開けなければなりません。ねじ止め部分に穴を開けることになるので、壁かけ扇の購入を考えている方は、事前に設置場所の壁の素材などを確認しておきましょう。

クリップ式扇風機

土台の部分にクリップが備わっており、机や棚などに挟んで設置できるタイプの扇風機です。壁かけ扇のように壁に穴を開ける必要がなく、設置スペースの無駄を省きやすいので、近年特に注目されています。
ただし、一般的な扇風機に比べるとサイズが小さいので、個人用の扇風機と考えておきましょう。例えば、デスクで仕事をする方などにぴったりの製品です

扇風機とサーキュレーターの違い

扇風機と似ている形状の家電に、「サーキュレーター」と呼ばれるものがあります。サーキュレーターも送風をする家電であることから、扇風機の一種と混同されがちですが、厳密には扇風機とサーキュレーターは異なります。では、どのような点が異なっているのでしょうか?
扇風機の目的は、人の体に直接風を当てることによって、涼感を得ることです。そのため、一般的な扇風機の風は遠くまでは届かず、広範囲に影響するわけではありません。
それに対して、サーキュレーターの目的は「部屋の空気を循環させること」です。扇風機に比べると風が強く、部屋の温度を短時間で均一化させることができます。エアコンと合わせて使用すると、効果を大きく実感できるでしょう。
ほかにも、強い風を生み出すサーキュレーターには、以下のような使い道があります。

・部屋干しの洗濯物を効率的に乾かす
・すばやく部屋を換気することができる
・エアコンの冷房だけでなく、暖房の効果を高めることもできる

※掲載写真はすべてイメージです。

扇風機選び方ガイド

財布にもやさしい冷房器具
扇風機選びでもう迷わない!