全てのジャンル

パンプス選び方ガイド

パンプスを知ってもっと美しい女性になろう!パンプス選びでもう迷わない!

パンプスは女性らしさを演出しやすいアイテムであることから、さまざまなシーンで活用されています。しかし、そんなパンプスにも多くの種類があり、種類ごとに特徴が異なることをご存じでしょうか?製品を選ぶ際には、特徴をしっかりとつかんでおくことが大切です。
そこでここでは、パンプスの種類と特徴について解説していきましょう。

パンプスの定義とは?

では、まずはパンプスの定義を確認してみましょう。パンプスは足の甲の部分が大きく開いており、ひもやベルトなどの留め具を使わずに履く靴のことを指します。つま先部分とかかと部分が覆われているのが基本的な形となりますが、製品によってはつま先部分やかかと部分が開いた形状も見られ、ミュールやサンダルとの区別がつきにくいものもあります。
そのため、近年ではパンプスの種類も広がってきており、さまざまなおしゃれを楽しめるアイテムとなっています。

パンプスの種類と特徴

パンプスの種類は、主につま先の形状などによって分けられています。各種類の特徴をつかんでおくことで、自分によりぴったりな製品を選びやすくなるでしょう。
そこで以下では、パンプスの主な種類と、各種類の特徴について解説していきます。

【その1】ポインテッドトゥ

ポインテッドトゥは、つま先の先端がとがった形状をしているパンプスのことです。足の指先から先が細く絞られたデザインであり、全体的に細長い印象になっています。スタイリッシュなシルエットなので、フォーマルなシーンでも履かれることが多いタイプです。
アッパー素材やデザインによっては、カジュアルに履ける製品も見られます。

【その2】オープントゥ

オープントゥは、つま先が空いた形状をしているパンプスのことです。つま先部分が空いているため通気性が良く、蒸し暑い夏場でも快適に履くことができるタイプです。
足元に程よいヌケ感を出し、カジュアルさを演出することができます。

【その3】ラウンドトゥ

ラウンドトゥは、つま先部分が緩やかな曲線を描くデザインであり、丸みを帯びた形状をしているパンプスです。ベーシックな形状のパンプスなので、フォーマルからカジュアルまでさまざまなシーンで履くことができるでしょう。

【その4】アーモンドトゥ

アーモンドトゥは、つま先部分がアーモンドのような形状をしているパンプスのことです。つま先のとがり具合は、ポインテッドトゥとラウンドトゥの中間くらいとなります。
ラウンドトゥと同様に、アーモンドトゥはフォーマルからカジュアルまで幅広いシーンで履くことができます。ファッション性の高い製品も充実しているので、おしゃれを楽しみやすいタイプと言えるでしょう。

【その5】スクエアトゥ

スクエアトゥはつま先部分が角ばっており、四角い形状をしているパンプスのことです。トラディショナルなデザインなので、ビジネスシーンでよく履かれるタイプとなっています。

【その6】プレーントゥ

ここまで、トゥの形状に分けてパンプスの種類を解説してきましたが、中でもつま先にリボンやモチーフなどの装飾がないパンプスを、総称して「プレーントゥ」と言います。上記で挙げたパンプスに関しても、トゥに何の装飾もついていなければ、プレーントゥと表されることがあります。

また、近年では走ることができるパンプスも登場してきています。一般的に、パンプスは走りづらい構造をしていますが、走ることを想定して作られたパンプスでは、スニーカーと同じような感覚で走ることが可能です。
朝の出勤タイムやランチタイム、お子さまのお迎えなど、働く女性は意外と「走る」機会が多いもの。「それでも、パンプスでおしゃれをしたい」と感じている方は、走れるタイプの製品を検討してみましょう。

パンプスにはどんなサイズがある?

パンプスの一般的なサイズは、23cm〜25cm前後となります。「Sサイズ・Mサイズ・Lサイズ」と表記されている製品も見られますが、各サイズの具体的な大きさについては、以下を目安として考えましょう。

・Sサイズ…22cm〜22.5cm
・Mサイズ…23cm〜23.5cm
・Lサイズ…24cm〜24.5cm

パンプスは甲の部分が広く空いているので、足を固定する部分が少ない構造になっています。そのため、足にぴったりと適したサイズを選ばないと脱げてしまったり、靴の中で足が動いてしまったりと足に負担がかかることになります。
しかし、中には「Sサイズ〜Lサイズの中に、ぴったりなサイズが見当たらない…」と悩んでいる方もいることでしょう。そのような方は、インターネットでパンプスを探してみましょう。
近年では、インターネットの通信販売の製品も充実してきており、SSサイズといったさらに小さい製品から、4Lなど大きいサイズの製品まで幅広く見られます。Sサイズ〜Lサイズ以外の製品もそろえられていれば、自分に適したサイズの製品を見つけることができるでしょう。

※掲載写真はすべてイメージです。

パンプス選び方ガイド

パンプスを知ってもっと美しい女性になろう!
パンプス選びでもう迷わない!

社会的責任[CSR]