全てのジャンル

インテリア・収納

ラグ選び方ガイド

ラグ選びでもう迷わない!
豊富な素材やそのお手入れ方法をご紹介

Step 1

ラグの選び方 〜ラグの種類〜

Step 2

ラグの選び方 〜ラグのお手入れ〜

ラグには、私たちが思っているよりも汚れが溜まっています。どこからともなく現れるホコリや髪の毛が付着し、お菓子などのかけらがこぼれ落ち、汚れた足で踏めば汗を吸収して雑菌も繁殖するでしょう。そのため、定期的なお手入れは欠かせません。
ここでは、ラグをいつでも衛生的に保つためのお手入れ方法をご紹介。食べ物をこぼしてしまったときの対処法など、知っておきたい豆知識もお伝えします。

汚れやすい環境に置くラグはウオッシャブルタイプを選ぼう!

ラグは基本的には自宅で洗濯することはできません。ドライクリーニングにさえ対応していないものも多く、汚れが目立ってきたり、くたびれてきたりしたら買い替えどきです。しかし、中には洗濯ができるウオッシャブルラグもあります。洗濯表示を確認し、水洗いできるものであれば自宅で洗ってみましょう。この場合も、洗濯機で洗うのは避けてください。手洗いで、汚れを揉み出すように優しく洗います。 玄関近くやダイニングテーブルの下など、汚れやすいところに敷くラグは、ウオッシャブルタイプを選ぶことをおすすめします。

洗濯できないラグのお手入れ方法のポイント!

まずホコリを掃除機や布団叩きを使って落とし、ブラシに中性洗剤をつけて表面を滑らせます。その後は水気を十分に切った雑巾で拭き取り、干して乾燥させてください。 また、コーヒーなどをこぼして汚してしまったときは、まずティッシュや乾いた布で素早く拭き取ります。このとき、拭うようにすると汚れを広げてしまうので、叩いて吸い取るようにしてください。
次に、拭き掃除用の洗剤や中性洗濯洗剤を水で薄め、きれいな布につけてさらに叩いて汚れを浮かせます。布の代わりに使い古した歯ブラシを使うのも効果的でしょう。最後に、水気をしっかり切った雑巾で洗剤を取り除けば終了です。
こぼしたのがコーヒーではなく緑茶なら、中性洗濯洗剤の代わりにアルコールを、インクなら酢水を使うのが有効とされています。しかし、素材との相性もあるため、天然素材や色落ちがわかりやすい濃い色のラグを使っている方は、十分な注意が必要です。心配な場合は、目につかない部分で試してみてから実践してください。

※掲載写真はすべてイメージです。

ラグ選び方ガイド

ラグ選びでもう迷わない!
豊富な素材やそのお手入れ方法をご紹介

Step 1
ラグの選び方 〜ラグの種類〜
Step 2
ラグの選び方 〜ラグのお手入れ〜
社会的責任[CSR]