テクノロジーカンファレンス2008 11/29 レポート

  • TOP
  • 講演レポート
  • 楽天スペシャル
  • コミュニティセッション
  • 会場Report
  • テクノロジーアワード

テクノロジーアワード

技術の成長に貢献した4グループに楽天からのエール 「広がる楽天、広がるテクノロジー」という今テーマに基づき、2008年、多大な貢献をした方々の栄誉を讃える「楽天テクノロジーアワード2008」。栄えある第一回目は、経産学が入り混じった最先端技術者4グループが受賞。受賞者には記念のトロフィーと、楽天スーパーポイントが贈られた。
金賞 吉岡弘隆 氏
受賞理由 企業や教育機関の枠組みを超えて、IT産業の魅力の向上や将来のIT産業の人材育成のための活動を行って活躍している。Linuxコミュニティ活動への貢献が評価され、経済産業省商務情報政策局長より感謝状を贈呈された
コメント この度は、思いもかけず、楽天テクノロジーアワード金賞という素晴しい賞をいただき、まことにありがとうございます。IT系勉強会による価値の創造、人のネットワークは世界の閉塞感を打破する一つの光明になっています。人と人の繋がり、技術やノウハウの自由な流通、それが新しい価値を創造しています。このインターネットに溢れる価値をどのように経済的な価値に転換するか、技術者であるわれわれにも課題として問いかけられているように思います。
プロフィール 2000年にミラクル・リナックスの創業に参加。2008年6月取締役CTOを退任し、現在は同社のシニアエキスパートを務める傍ら、日本OSS推進フォーラム ステアリングコミッティ委員、U-20プログラミング・コンテスト審査員などを兼務。カーネル読書会の主宰者。
銀賞 「24時間365日 サーバ/インフラを支える技術」の著者(安井真伸氏・横川和哉氏・ひろせまさあき氏・伊藤直也氏・田中慎司氏・勝見祐己氏)
受賞理由 24時間365日 サーバ/インフラを支える技術」という本を出版し、スケーラビリティやパフォーマンスに関する重要性をわかりやすく世に打ち出した。 話題性・技術的なテーマに関しても申し分なく、インフラ力という点においては楽天と共感できる点もある コメント この本では、これまでBlogなどで断片的に書いてきたことを、改めて系統立てた形で1つにまとめることができました。日本語での類書が少ないこともあってか、多くの反響を頂きうれしく思っておりましたが、さらにこの度、素晴らしい賞に選んで頂きまして、著者一同大変感激しております。今後とも、このような活動を通して、私たち自身も勉強しつつ、多くの方々とよりよい交流をさせて頂きたいと思っております。
Ruby賞 笹田 耕一氏
受賞理由 Ruby言語処理系である YARV の開発・リリースにより、Ruby の普及に貢献。更にアカデミックな領域でRubyの性能向上に向けた取り組みを行い、産学連携の新しい展開も切り開いている。今年はIPA賞も受賞
コメント プログラミング言語Ruby用を高速に実行するための処理系YARVの開発のような地味な仕事を評価していただいたことを大変ありがたく思います。現在、大学教員ということで、教育と研究に従事しています。実際に世の中で使われる技術と研究の場で議論されている内容に乖離が問題になっていますが、Ruby処理系の研究開発のような、研究と実世界をつなげるような活動を今後も継続していきたいと思います。
プロフィール 東京大学大学院情報理工学系研究科 講師。日本Rubyの会・理事(会計)も兼任。2007年度日本OSS貢献者賞を受賞。
(株)Preferred Infrastructure 受賞理由 大学ベンチャーでありながら、はてな・NTTレゾナント 他との連携や、今までにないサーチエンジン、レコメンドエンジンの研究開発、Hadoop の技術調査レポートの公開、 ITPro への記事レコメンドの導入等、今現在の日本のWebの技術力の底上げをしている
コメント 楽天テクノロジーアワード「ルビー賞」に弊社が選ばれたことを、大変栄誉に感じております。弊社は、創業以来、最先端の研究分野をいち早く実用化・製品化することに注力して活動を続けています。その中で、このような形で私たちの活動を評価いただいたことを、社員一同大変うれしく思っています。今後も継続的に研究開発を行い、先端技術をベースに世の中に多くの価値を提供して参りたいと思います。
プロフィール 2006年3月有限会社Preferred Infrastructure設立。2008年1月 社名を「株式会社Preferred Infrastructure」に変更。
http://preferred.jp/