現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

北海道の大自然の中で日本一が3つあるまち


北海道幌加内町ロゴ

北海道幌加内町


お願い
営業日カレンダー
2020年10月
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ
発送業務のみ
土日祝日、12/29〜1/3はお休みをいただいております。

北海道幌加内町

幌加内町は、北海道の中心より北西に位置する人口約1,500人の小さな町ですが、日本一が3つある町としてい知られています。
1つ目が、作付面積、生産量が日本一の「そば」です。9月第一土日曜日には、「新そば祭り」が開催され、50,000人以上が来場するイベントとなっています。また、2019年には「日本観光特産大賞」初代グランプリに「幌加内そば」が選ばれました。
2つ目が、湛水面積日本一の人造湖「朱鞠内湖」です。朱鞠内湖には、日本最大の淡水魚で幻の魚といわれる「イトウ」が生息しています。夏にはキャンプ、冬はワカサギ釣りなどのアクティビティも楽しめます。
3つ目が、最寒記録日本一の「マイナス41.2℃」です。他では体感できない寒さと純白のパウダースノーがどこまでも広がります。

寄附の使い道

1.朱鞠内湖周辺の観光振興に関する事業

湛水面積23.73平方キロを有する国内最大の人造湖で1974年には北海道立自然公園に指定され、夏はキャンプ、釣り、カヌー、野鳥や野草観察を楽しみ、冬にはワカサギ釣りでにぎわう湖です。「静かな大自然」を大切にしている観光地です。朱鞠内湖周辺施設の整備を図り観光振興に活用させていただきます!

2.イトウの保護に関する事業

絶滅危惧種に指定されている(朱鞠内湖及び周辺に生息)イトウを朱鞠内湖淡水漁業協同組合や地元NPO法人等と協力し、「イトウの生息環境を守ります」手付かずの原生林から朱鞠内湖へ流れ込む河川環境を調査し、産卵場所の整備や餌となるわかさぎ等の確保、自然に近い保護活動を図るために活用させていただきます!

3.そばの振興に関する事業

今の幌加内町には、無くてはならない農産物の一つとなった「そば」。作付面積、生産量だけではなく、「品質」も日本一となるよう、栽培技術や管理・加工技術を研鑽し、生産から加工・販売まで一貫した「幌加内そばブランド」を目指した、そばの振興を図るために活用させていただきます!

4.子育て支援及び子どもの教育振興に関する事業

「子どもは町の宝です!町の活力です!」大自然で育つ幌加内町の子ども達を地域全体で育て、郷土愛を育み、より良い子育て環境を整備するため、また、将来、幌加内町を担い、発信できる人材を育成する為、子ども達の教育環境を整備するために活用させていただきます!

5.町長が町の振興に必要と認める事業(町長におまかせ)

町長に使い道を一任いただき、「より良い町づくり」のために必要な町全般の事業に活用させていただきます。







INFORMATION