現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

投票受付中!11/30(金)まで このショップに投票する
忠臣蔵と塩のまち 播州赤穂


営業日カレンダー
2018年11月
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
2018年12月
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ
発送業務のみ
土日祝日、12/29〜1/3はお休みをいただいております。

兵庫県赤穂市

 兵庫県の西南端、岡山県との県境に位置し、まちのほぼ中央を名水百選に選ばれた千種川が流れる温暖なまちです。歌舞伎や映画などで題材とされる「忠臣蔵」や「赤穂の塩」などで全国にその名が知られています。
 また、最近では、ル・ポン国際音楽際や赤穂シティマラソン大会の開催など、文化・スポーツ面でも新たな赤穂の魅力を発信しています。
 いただいたご寄附は、忠臣蔵のまち赤穂の歴史を後世に伝えるための事業や次代を担う子どもたちの育成、より安心して子育てができる環境をつくるための事業に活用させていただいております。

寄附の使い道

・個性ある地域文化・スポーツの創造に関する事業

個性ある地域文化を創造するため、文化団体と連携しながら音楽、歌舞伎など市民芸術文化活動の推進を図っております。また、国体を契機にスポーツ先進都市の実現を目指して、剣道や柔道大会を開催するとともに、どこでも気軽にスポーツやレクリエーションに親しむ環境づくりに努めております。人々の心に安らぎやうるおいを与え、豊かな生活文化を創造するため、また地域でのスポーツの普及やスポーツ先進都市を目指すための経費として活用させていただきます。

・赤穂国際音楽祭の開催
・市民芸術文化の支援
・忠臣蔵旗少年剣道大会などの開催
・ ニュースポーツの推進

・子育て支援・学校教育等次世代育成に関する事業

子育て支援施策の充実が求められている中で、赤穂市では「赤穂こどもプラン」に基づき、各種子育て支援施策を重点的かつ総合的に推進し、子育て支援策の一環として、乳児等医療費の公費負担の拡大や、子育てしやすい環境の整備を図るため、公立幼稚園や保育所において、延長保育・乳児保育・一時保育の充実や、特色ある学校教育、こころの教育の充実に努めております。未来を担う子どもたちを健やかに育て、安心して子育てができる環境を充実していくための経費として活用させていただきます。

・妊婦健診補助事業
・乳幼児等医療費助成事業
・子育て学習活動推進事業
・アフタースクール子ども育成事業
・学校施設の整備
・自然学校推進事業
・特別支援教育の実施

・地域活性化に関する事業

人口減少社会の中で、活力ある「ふるさと赤穂」を育てていくために、定住の促進や商業の活性化、観光振興の総合化を図り、地域のにぎわいづくりに努めております。歴史と豊かな自然があふれる「ふるさと赤穂」の魅力を全国に発信して、定住の促進と地域産業の活性化と観光振興を図るとともに、街の最大行事である赤穂義士祭を盛り上げるための経費に活用させていただきます。

・定住支援
・赤穂段通等の地域ブランドの育成
・市内循環バス「ゆらのすけ」の運行
・中心市街地活性化事業
・義士祭イベント事業

・安全安心なまちづくりに関する事業

安全・安心対策の充実は、市民生活の基盤であり、市民の生命と財産を守るため、自然災害などに対する「減災」への取り組みや、消防・救急救助体制の充実などに努めております。

よりきめ細やかな施策の充実を図っていくために、消防救急機材の整備や、災害活動用資材の充実、さらには地域や子どもたちの安全・安心のための経費として活用させていただきます。

・AEDの設置
・救急救助用車両整備
・防災対策事業
・公共灯の整備

・歴史遺産と自然環境の保全と活用に関する事業

忠臣蔵のまち赤穂の歴史を後世に残していくため、先代から受け継いできた旧赤穂上水道や旧まちなみの保存に努めているほか、名水百選に認定された千種川の清流と豊かな自然環境の保全など、住環境を守るための取り組みを実施しております。忠臣蔵等により築かれた赤穂の歴史遺産の継承と、恵まれた自然環境を後世に残すための経費として活用させていただきます。

・赤穂城跡公園の整備(赤穂城跡二ノ丸整備)
・文化財調査保存活用事業
・赤穂環境塾の開催など環境基本計画の推進

・共に生きる福祉社会構築に関する事業

障害者や高齢者の方が安心で快適に生活できるように、公共施設などのバリアフリー化のための「福祉のまちづくり推進事業」や、地域で支えあう交流ネットワークの形成など地域福祉力の向上に努めております。高齢者や障害者の方が地域の中で安心して快適に生活ができることを支援するための経費に活用させていただきます。

・福祉のまちづくり推進事業
・障害者支援事業
・高齢者支援事業
・健康づくり事業
・市民病院の整備

・その他目的達成のために市長が必要と認める事業

寄付者の方の指定がない場合は、市長が使い道を決定します。市が特別事業について、寄付を募集する場合があります。記の事業項目に希望する事業がない場合は、特に希望する事業を指定することもできます 。







INFORMATION