現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

投票受付中!11/30(金)まで このショップに投票する
人と緑のホームタウン いなみ


営業日カレンダー
2018年11月
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
2018年12月
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
休業日
受注・お問い合わせ業務のみ
発送業務のみ
土日祝日、12/29〜1/3はお休みをいただいております。

兵庫県稲美町

稲美町は昭和30年に当時の「加古村」、「母里村」、「天満村」の3つの村が合併して誕生しました。
かつて万葉集に「いなみ野」と詠まれた歴史ある地域で、水の乏しい台地を先人たちが切り開き、ため池等でかんがい用水を確保し農業を営んできました。
町内には88のため池が点在し、ため池や水路、水田、集落によって構成された特有の景観は、文化庁から「稲美町のため池群」として文化的景観調査における重要地域180ヵ所の1つに選ばれています。

寄附の使い道

・水と緑の自然環境保全事業

町民の安らぎの源である豊かな田園環境やため池等の水辺環境の保全に活用します。

・ため池環境保全事業
・田園集落のまちづくり事業 など

・誰もが安心してすこやかに暮らせる福祉事業

乳幼児から高齢者までの誰もが元気で安心して暮らしていけるよう福祉の充実に活用します。

・すこやか親子21支援事業
・子育て家庭支援事業
・高齢者のための健康3事業(いきいき広場、いきいきサロン、いきいきセミナー)
・健康支援員推進事業 など

・教育・文化・スポーツ振興事業

次世代を担う子どもたちが確かな学力と心豊かな人間性を育むことのできる環境整備や、地域の貴重な文化や歴史の保全、スポーツ活動の推進に活用します。

・義務教育施設整備事業
・国史跡播州葡萄園跡の調査研究
・いなみ文化の森運営事業
・町民体力測定 など

・安全・安心で元気のある農業振興事業

食の安全・安心の推進を図るため、基幹産業である農業の振興に活用します。

・いなみブランド振興事業
・大麦栽培振興事業
・「食育のまち」推進事業
・農業基盤整備事業(補修・更新による施設の長寿命化) など

・その他(上記以外の事業)

稲美町のまちづくりを行うための財源として有効に活用させていただきます。

・稲美ふれあいまつり
・いなみ大池まつり
・国際交流推進事業
・防犯パトロール事業
・清掃センター施設整備事業 など







INFORMATION