現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

株式会社発酵長寿研究所



20歳未満の方への酒類の販売は固くお断りしております。

清酒アルプス酵母スペシャルブレンド


 清酒酵母の研究を30年以上してきた中で、アルプス酵母(長野C酵母)をはじめ「これぞ!」という選りすぐりの酵母(長野D酵母、長野R酵母)の原酒ブレンド(アッサンブラージュ)です。それぞれの酵母単独の酒とは異なる風味を実現しました。
〇【新発売】2022年は2022酒造年度に醸造された原酒のブレンドです(ブレンド日 令和5年5月)。アルコール濃度18%の純米吟醸です。 ○2021年は2021酒造年度の醸造された原酒のブレンドです(ブレンド日 令和4年4月)。氷温熟成1年経過
○2020年は2020酒造年度に醸造された原酒のブレンドです。氷温熟成2年経過。10年熟成を目標にしつつ、毎年少しずつ販売していく予定になっています。

*氷温熟成  水は0℃で凍りますが、食物の凍り始める温度は0℃以下です。酒にはアルコールが含まれるため−10℃程度まで凍りません。このように0℃を下回っても、凍らない温度帯を氷温帯と言い、その温度帯で食品を貯蔵する事を氷温貯蔵と言います。穏やかな熟成を経ることで風味の向上が期待されます。二十年ほど前に、十年間氷温貯蔵する試験を行ったところ、アルコール度数の高い吟醸酒は、香りも失われず大変まろやかな味になっていました。  「いつかこの味を再現したい!」という想いがアルプス酵母スペシャルブレンドには込められています。