お知らせを表示するにはログインが必要です。
このエリアでは、楽天市場でのお買い物をもっと楽しんで頂くために、あなたの利用状況に合わせて便利でお得な情報をタイムリーにお知らせします!
ようこそ 楽天市場へ
Shop icon
MAYUKO絹工房 Silk Factory
通常商品5倍
お気に入りに追加
丹後半島、日本三景天橋立付近に実店舗のシルク工場「 丹後ちりめん歴史館 」がございます。 私は店長の今井真知子と申します。シルクのことなら詳しいのでご遠慮なく聞いてください。 平日の9時から17時までならお電話ください。 電話番号 0772422220 無料公開シルク工場  文化庁 日本遺産構成施設認定
"食べるシルク" と聞いて 「聞いたことある!!」 という方も多いかもしれませんね。 これがなんと健康食品の通販部門で隠れベストセラー品で、健康志向の女性や高齢者の間ではなんと!!30年以上も続いている人気のアイテム。書き込み評価が多い健康食品です。 ○○ろー選手が阪急ブレーブスに入団した時に、開発者の平林教授がシルクパウダーを提供したことで京都府与謝野町特産のシルクパウダーは一躍有名になりました。 慣れないと食べづらいので、ぬるめのホットミルクやプレーンヨーグルトなど続けやすい方法で根気よく続けてみてください。
おすすめポイント シルクノイル糸は、まゆから生糸(長繊維)を製糸した後のわた(短繊維)をつむいだものです。 サラサラしたシルクサテンとは異なり、シルクノイルは独特の凹凸感でふんわりボディを包みます。 肌にやさしく吸湿性・通気性・保温性に優れたシルクノイルなら夏も冬も一年中快適にお使いいただけます。 今となっては希少な日本製の肌着です。 つむいだシルクのやさしい肌着 吸湿性・通気性・保温性に優れたシルクが優しくからだを包みます。シルク100%、安心の日本製です。 ※生地はもちろん、縫い糸もシルクを使用しています。
定番のカタログギフトなどの祝いではなく、相手が笑顔になってくれるようなものを贈りたい"でも何を選んだらいいかお悩みの方に、ギフト選びのお手伝いをしています。 多くの方にとって、人生の節目にはいろんなお祝い事が訪れます。また家族や友人、お世話になっている方が家を建てたり、引っ越したりした際に贈る新築祝いや引っ越し祝い選びに迷っている方も多いのではないのでしょうか。 お世話になった方に感謝の気持ちを伝えるためにも、喜ばれるプレゼントを贈りたいですよね。
お肌にも優しい髪の毛の乾燥も和らげるのでベストセラーとなってます。 紐で結ぶタイプなので大きな枕にも使えます。厚めで丈夫なシルクサテン生地を使いました。お肌にも優しいシルクのまくらカバーです。高級シルクサテン生地にはツルッとした風合いがあり、寝返りしやすいために朝までグッスリ熟睡できます。
縫い糸もシルクの縫製済み白スカーフです。 シルクは初心者でも失敗少なく染められます。ご家庭での草木染めに、ぜひ挑戦してください。 もちろんそのまま白いシフォンスカーフとしても使えます。※その場合はオプションで黄変防止加工いたします。
美容液 (お客様の評価) 暖房等で、乾燥が激しく 困っていました。洗顔後つけたら 本当にすぅーっと肌に浸透していきました。2〜3日原液で使い その後は化粧水に薄めて使用するつもりです。プッシュ式なのでとても使いやすいです。
広巾サテン110cm幅からちりめんりんず38cm幅までシルク生地10cm単位で切売します。登録商標【丹後ちりめん】正絹特選生地を多数販売しております。
丹後ちりめん白生地切売
  • 更新日02/2102/1402/20集計
    丹後ちりめんショップのレジ横には 私たちも大好き 人気の「丹後、丹波のやみつきグルメ」 リピーター様も多いのでおススメ ↓ ↓ ↓
    2024/01/31
    購入者
    枕カバーとして購入しました。 シルクのナイトキャップ被って寝ていますが、ネコ毛で細い髪なので、跡がついてしまいます。 髪は乱れそうですが、跡がつきにくいかと思って購入。 枕はセブン○ピローという大きくて丘陵のような形をしているので、市販の枕カバーに入らない為、布を敷く事にしました。 やはりシルクは手触りが良いですね。縫い処理もオプションで依頼しましたら、丁寧なお仕事で感動いたしました。 またへたってきたらリピートしたいです。
    注文日:2024/01/25
    THE SILK FACTORY EXPOSITIONS AND THE HISTORY MUSEUM OF SILK   次世代に残せ丹後の文化財・ 日本を支えた産業遺産 明治政府発令の国是(こくぜ)により、明治5年(1872)群馬県富岡の地に日本で最初の官営模範器械製糸工場「富岡製糸場」が創建された。 明治29年には京都府においても国是に基づき、何鹿(いかるが)郡綾部町発展のために「郡是製糸株式会社」現在のグンゼ株式会社が興され、これを中心に据えて養蚕の奨励が進み、明治36年に付加価値の高いシルク製品を生産する目的で大規模織物会社が興された。 これが現在の丹後ちりめん歴史館である。 当時は北イタリア、ミラノ周辺の染色工場へ品質の良いシルク白生地を輸出し、明治、大正、昭和初期にかけて日本の外貨獲得に貢献したシルク工場です。 あの頃あの時代、懐かしくてノスタルジックな絹の空間を体感できます。 By the national policy of the Meiji government official announcement, the first government management model instrument silk mill "Tomioka silk manufacture place" was built on the background of Tomioka-shi, Gumma in Japan in Meiji 5 (1872). The large-scale textiles company was revived in Meiji 29 in order to produce the high silk textiles of added value by a national policy also in Kyoto. This is the present Tango silk crape history hall. It is the silk factory which exported quality silk white cloth to the dye works around north Italy and Milan those days, applied in early stages of Meiji, Taisho, and Showa, and contributed to acquisition of foreign currency of Japan. 運営会社 : 今井織物株式会社 所在地--京都府与謝郡与謝野町岩屋317 Phone 0772-42-2220 Fax 0772-43-2244