現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

茶器・茶道具などの古物の秀逸に品物をそろえています。





    

ヤマボウシ


        初 夏  北宋・司馬光

     四月清和雨乍晴 四月 清和にして 雨 乍(たちま)ち晴れ
     南山当戸転分明 南山 戸に当たりて 転(うた)た分明
     更無柳絮因風起 更に柳絮の風に因りて起こる無く
     唯有葵花向日傾 唯だ葵花の日に向かいて傾く有るのみ

     初夏の四月は、清々しく穏やかで、降る雨もにわかに晴れ、
     南方の山が窓の正面にいよいよ、くっきりと見える。
     そのうえ、柳の綿帽子が風によって舞うこともなく、
     ただ、ひまわりが太陽に向かって咲いているだけである。

      柳絮 柳のわた。柳の実が熟し、それに付着する白毛が
         綿花のように舞い散る。晩春の風物のである。
      葵花 ひまわり。夏に太陽に向かって咲くから「向日葵」
         とも書く。

      司馬光(1019〜1086)
      北宋の政治家。文人。神宗の時に、大安石が政治経済の改革を
      行うために実施した「新法」に反対して政治世界から15年間身
      を引いた。
      哲宗の時に再び官に就き、門下侍郎・尚書左僕射となり新法を
      改めた。
      文章家として知られ、とくに歴史書「資治通鑑」は、周末から
      直前の五代後周までの千三百有余年間を編年体で記し、政治家
      の鑑戒とした。