現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

投票受付中!11/30(金)まで このショップに投票する
ドラッグひかりネット販売サイトです。多数取り揃えております。


エリクシールシュペリエル d プログラム uno
キュレルシリーズ コラージュフルフル

チオビタドリンク
お買い得商品
新着アイテム
イチオシアイテム
キヨーレオピン キャプレットw 50錠
【第3類医薬品】
ドックマン肝寿
100錠
【第3類医薬品】
【第3類医薬品】
ビタホワイトプラス
「クニヒロ」240錠
ヤクルトBL整腸薬S錠
27錠
【医薬部外品】
週間ランキング

高純度
グルコサミン粒徳用
900粒

【第3類医薬品】
サカムケア
10g

【第(2)類医薬品】
液体ムヒS2a
50ml

【第2類医薬品】
ナイシトールG
336錠

【第2類医薬品】
ビューラック
400錠
おすすめ商品
アリナミンVドリンク
50ml×10本
【医薬部外品】
キューピーコーワゴールドα 160錠
【第3類医薬品】
ハイチオールCプラス
180錠
【第3類医薬品】
イブクイック頭痛薬
20錠
【第(2)類医薬品】
ソルマックプラス
25ml×2本
【第2類医薬品】
タケダ漢方便秘薬
65錠
【第2類医薬品】
ハリックス55EX冷感A
20枚
【第3類医薬品】
オロナインH軟膏
100g
【第2類医薬品】
トラベルミン ファミリー
6錠
【第2類医薬品】
ナイシトールG
168錠
【第2類医薬品】

医薬品は使用上の注意をよく読み用法・用量を守って正しくお使い下さい。

医薬品販売許可証の情報

許可区分 店舗販売業
許可番号 第20121号
発行年月日 平成29年1月18日
有効期限 平成35年1月17日
許可証の名義人 光 株式会社
薬局または店舗の名称 ドラッグひかり新町店
薬局または店舗の所在地 京都市上京区新町通今出川上ル元新在家町167-1
許可証発行自治体名 京都市

特定販売(インターネット販売)届出書の情報

届出年月日 平成23年1月18日
届出先 京都市上京保健センター
受理番号 第20121号

医薬品販売(相談応需含む)に従事する専門家の情報

資格の名称 登録販売者(店舗管理者)
氏名 田尻 弘洋
登録番号 第26-09-10785
登録先都道府県 京都府
担当業務 相談等

店舗の管理者以外で店舗に勤務する専門家(薬剤師・登録販売者)

資格の名称 登録販売者
氏名 中村 浩太郎
登録番号 第26-09-10208
登録先都道府県 京都府
担当業務 相談等

勤務シフト表

登録販売者
田尻 弘洋 10:00〜20:00 10:00〜20:00 10:00〜20:00 10:00〜20:00
中村 浩太郎 10:00〜20:00 10:00〜20:00 10:00〜20:00

専門家の区別

専門家の区別 登録販売者「登録販売者」の名札と、ショート丈の白衣着用

厚生労働省薬剤師資格確認検索システムへのリンク

取扱う一般用医薬品の区分

取扱う一般用医薬品の区分 指定第2類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品

医薬品販売店舗の営業時間

インターネットでの注文受付時間 注文は24時間365日承っています
実店舗の営業時間 10:00〜20:00
インターネット販売の医薬品販売時間(薬剤師または登録販売者が常駐している時間) 10:00〜17:00(土・日・祝を除く)

専門家が相談応需を受ける時間および連絡先の情報

・通常時

電話番号 075-415-2304
メールアドレス drug-hikari@shop.rakuten.co.jp
相談応需時間 10:00〜17:00(土・日・祝を除く)

・緊急時

電話番号 075-415-2304
営業時間外の相談応需時間 10:00〜17:00(土・日・祝を除く)

医薬品販売店舗(実店舗)の写真

実店舗の外観写真
実店舗の内部写真

医薬品に関する注意文言

医薬品に関する注意文言 医薬品は使用上の注意をよく読み用法・用量を守って正しくお使い下さい

一般用医薬品の販売に関する制度に関する事項

1.医薬品のリスク区分の定義及び解説 要指導医薬品および一般用医薬品はリスク別に分類されています。
要指導医薬品
医療用から一般用に移行して間もなく、一般用としてリスクが確定していない薬(スイッチ直後品目)と劇薬の総称。
第一類医薬品
特にリスクの高い医薬品。
一般用医薬品としての使用経験が少ない等安全上特に注意を要する成分を含む 医薬品。
第二類医薬品
1.指定第二類医薬品:
第二類医薬品のうちリスクが比較的高いもので特に注意を要する成分を含む医薬品。
2.第二類医薬品:リスクが比較的高い医薬品。
その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生じるおそれがある 成分を含む医薬品。
第三類医薬品
リスクが比較的低い医薬品。
日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調や不調が生じるおそれがある 成分を含む医薬品。
2.医薬品のリスク区分の表示に関する解説 医薬品パッケージ(外箱・外包)および添付文書にリスク区分を表示します。
表示方法は、印刷による表示、シール貼表示などがあります。
要指導医薬品:パッケージに要指導医薬品と表示
但し、平成28年6月11日までは第一類医薬品と表示されている場合があります。
第一類医薬品:パッケージに第1類医薬品と表示
指定第二類医薬品:パッケージに第(2)類医薬品又第2類医薬品はと表示
但し、特定販売の場合は「第(2)類医薬品」と表示されています。
第二類医薬品:パッケージに 第2類医薬品と表示
第三類医薬品:パッケージに第3類医薬品と表示
3.医薬品のリスク区分の情報提供に関する解説 医薬品の情報提供は、専門家が対面で行います。
要指導医薬品および第一類医薬品−薬剤師が文書を用いて情報提供します。(義務)
第二類医薬品−薬剤師・登録販売者が情報提供に努めます。(努力義務)
第三類医薬品−義務はないが、専門家が情報提供に努めます。
4.指定第二類医薬品に関する留意事項 指定第二類医薬品を購入する場合は禁忌事項をご確認下さい。
指定第二類医薬品を使用する場合は薬剤師又は登録販売者にご相談されることをおすすめします。
5.要指導医薬品および一般用医薬品の陳列に関する解説 リスク区分された医薬品は、リスク別に異なった陳列がされます。
専門家が不在の場合は医薬品売場を閉鎖します。(閉鎖時の販売はできません)
リスク別陳列
同じ薬効内でも、リスクが混在しないようにリスクごとに集めた陳列を行います。
要指導医薬品および第一類医薬品の陳列
薬剤師より対面で直接情報提供を受けて購入されるために、お客様が直接手に取れない陳列。
ご希望のお客様は、係員にお申し付け下さい。
第二類医薬品、第三類医薬品の陳列
許可を受けた医薬品売場に陳列します。
指定第二類医薬品の陳列
専門家が在席する情報提供カウンターより7m以内に陳列。
一般用医薬品の販売サイト上の表示に関する解説
商品名へのリスク分類の表示をします。
6.医薬品による健康被害救済制度に関する解説 万一医薬品による健康被害の受けた方は「医薬品副作用被害救済制度」が受けられます。
ただし、一部救済が受けられない医薬品・副作用があります。
窓口:医薬品医療機器総合機構
連絡先電話:0120-149-931(フリーダイヤル)
受付時間:月〜金(祝日・年末年始除)午前9時〜午後5時30分
7.その他、必要な事項 薬剤師不在時は要指導医薬品および第一類医薬品売場、薬剤師または登録販売者が不在時には医薬品売場を閉鎖します。
薬剤師または登録販売者不在時の医薬品販売はできません。
医薬品の正しい購入方法、正しい使用に努めて下さい。
医薬品の中に入っている「添付文書」は捨てないで、医薬品がある間は保管し、必要に応じて見れるようにして下さい。
店では解決しない内容の苦情相談窓口は次のとおりです。
本社代表番号
075-415-2300(9:00〜12:00、13:00〜18:00 土・日・祝を除く)
8.使用期限 当店では使用期限が1年以上ある医薬品のみ販売いたします。