比較検討されている方へ。楽天市場と他社ショッピングサイトの違いをご紹介

楽天市場への出店・開業案内 トップ > 他社ショッピングサイトとの違い

  • トップ
  • 楽天市場の目指す未来
  • サポート・ツール
  • プラン・費用
  • 成功事例
  • 開店までの流れ
  • Webで出店申込
  • 資料請求
  • さらに!【年末商戦 保存版】資料請求(無料)で8人の店長が語る成功事例集プレゼント!

比較検討されている方に他社ショッピングサイトとの違い

楽天市場と、他社のショッピングサイトとの違いとは何でしょうか。
本ページでは、大手ショッピングサイトである「Yahoo!ショッピング」「Amazon」と楽天市場との間に、どのような違いがあるかをご紹介します。

Yahoo!ショッピングとの違い

Yahoo!と楽天の年間流通総額を比較する棒グラフと、Yahoo!ショッピングと楽天市場の月間ページビュー数を比較する図

流通額シェアの差は約4.4倍!

楽天は、2016年のインターネット通販の流通額シェアが25.6%と、流通額が高いことが特長です。

Yahoo!ショッピングの流通額シェアが5.8%であるのに比べ、約4.4倍の差があります。

なぜ、楽天の流通額は高いのでしょうか。

売上が高いのは、集客力が高いから!

売上が高い理由には様々な要因がありますが、
大きく影響するのが、集客力です

ショッピングサイトの集客力を測る指標として、
ページビュー(PV)数があります。

楽天市場のページビュー数は約33億PVと、
Yahoo!ショッピングの約7倍
になります。

ショッピングサイト自体の集客力は、店舗様の売上を左右します。この集客力の強みが楽天市場の店舗様の売上の伸びに繋がっているのです。

まとめ・・・「本気で売上・利益を伸ばしたい」なら、楽天市場
※1)インターネット通販流通額シェア・・・
出典:株式会社富士経済「通販・e-コマースビジネスの実態と今後 2017」商品カテゴリーは、商品全体から一部商品を抜粋。シェア(全体・カテゴリー別)は、すべて2016年(見込)の数値
※2)月間ページビュー数・・・
楽天市場3,299,507,417PV、 Yahoo!ショッピング443,043,333PV
出典:Nielsen NetView・Nielsen MobileNetView、2015年1月〜12月 月ごとのパソコンとスマートフォンのページビュー数を合算し12ヶ月平均して算出
  • すぐに出店したい方は 出店申込
  • もっと詳しく知りたい方は資料請求 成功事例集プレゼント!

Amazonとの違い

Amazonと楽天市場を比較した図(販売形態やメールマガジンでの販売促進可否、商品ページづくりの自由度やサポートの度合いで比較しています)

お店のファン、リピーターを作ることができる!

Amazonで販売を行う場合は、Amazonのマーケットに「出品する」という形をとります。Amazon小売部門が、自社で仕入・販売を行っていることもあり、お客様は「Amazonで商品を買った」という意識が強く、どの出品者から購入したかは意識されにくい傾向があります。

一方、楽天市場で販売を行う場合は、「出店」という形です。
お店ごとに特色を出した店舗ページづくりや、お客様対応・サービスが可能なため、「このお店は、良いお店だな」と覚えてもらうことができます。

また、Amazonの場合、出品者からは過去購入者へのメールマガジンの送信ができませんが、楽天市場では、店舗様がメールマガジンを活用して次回の購入を促すことが可能です。

楽天市場は、一度きりの購入ではなく、継続的にリピーターとして購入をしてもらいやすい売り場をご提供しています。

「商品の良さが伝わる」ページを制作できる!

知名度の高い型番の商品を除いたほとんどの商品において、お客様に購入してもらうには、商品ページを活用して商品の良さを伝えたり、疑問点を取り除く必要があります。
いわば、商品ページは「24時間働く、お店の販売員」の役割を果たすのです。

そこで、「商品の良さを伝えられるか?」という観点で、Amazonと楽天市場を比較してみます。

【 Amazon 】

Amazonでは、他の出品者と同じ商品ページを共有して使用することが原則であるため、同じ商品を扱う他の出品者との差別化を、価格などの限られた要素でしか行えません。

また、商品ページのフォーマットが固定されているAmazonでは、出品の手間が少ないという利点がある一方で、表示できる情報量が限られるため、商品の良さをページ上に表現することはなかなか難しい傾向があります。

【 楽天市場 】

一方で、楽天市場の商品ページづくりにおいては、自由にページを作成することができるので、少々手間はかかっても、「商品の良さ」を伝える工夫ができます。

例えば、商品の製造におけるこだわりや使用するシーンの提案など、他の商品に対するメリットを表現することが可能です。

楽天市場でよくある「縦にとても長いページ」は、商品の良さをお客様に伝えるための工夫であり、購入率の向上につなげるための施策なのです。

売上を伸ばすためのサポートが充実!

実店舗とは違い、「来店したお客様の表情・様子がみられない」ネットショップ。売上を伸ばしていくためには、「ネットショップならではの販売のノウハウ」を学ぶ必要があります。

楽天市場では、1997年からのネットショッピングモール運営の中で、多くの店舗様の成功事例、失敗事例に基づいた知識を溜めています。

その知識を体系化したノウハウを、「楽天大学」の講座や担当のECコンサルタントを通して、店舗様にご提供しています。

販売ノウハウをしっかりと学び、戦略的に売上を伸ばしていきたいなら、楽天市場がおすすめです。

まとめ・・・「商品の価値を伝えて、戦略的に売上を伸ばしたい」なら、楽天市場

商品の価値を伝え、お店のファンを増やしませんか?

楽天市場は、高い集客力・充実のシステム・万全のサポート体制をそろえて、お待ちしています。

  1. 楽天市場の目指す姿 - 伝えておきたい、楽天市場のこと
  2. サポート・ツール - 商売を楽しみたい人のための仕組み
  3. プラン・費用 - 運営スタイルに合わせて選べる出店プラン
  4. 取扱商材 - あなたの商品を探している人がいます

楽天グループサービスのご案内

ネットショップ関連サービス

事業者様向けサービス

その他サービス

社会的責任[CSR]