Rakuten 出店案内

楽天市場への出店・開業案内 トップ > 売れるネットショップのはじめかた > ECサイトは自社に合った方法で開設を!出店の流れ・売上アップの施策も紹介

初心者の方必見!ネットショップの基本を、ECコンサルタントが教えます。

ECサイトは自社に合った方法で開設を!
出店の流れ・売上アップの施策も紹介

PCに表示されたECサイトを示したイメージ

自社が扱う商品を広く販売するために、ECサイトの開設を検討している方もいるのではないでしょうか。ECサイトは販路を拡大するために有効ですが、開設するだけでなく適切に運営することが必要です。売上を伸ばすには、自社が扱う商品に合わせて有効な施策を展開することが欠かせません。

この記事では、ECサイトを開設するまでの流れと併せて、売上アップのために取り組みたいマーケティング施策を紹介します。これから新規でECサイトを開設しようとしている方や、ECモールに出店を考えている方はぜひご覧ください。

1.ECサイトの概要と市場規模・今後の予想

ECサイトのトップページを表示している1台のPC

これからECサイトを展開しようと考えているのであれば、市場規模や今後の成長見込みを学ぶことが大切です。市場の様子を正しく理解していないと、ECサイトの展開がビジネスの成長に繋がるのか正しく予測するのは難しいといえます。

ここでは、ECサイトの定義と市場規模を見てみましょう。ECサイトの動向や将来性に魅力を感じるのであれば、新たに展開することをおすすめします。

ECサイトとは

インターネットを通じてさまざまな商品を売買するためのWebサイトを「ECサイト」と呼びます。ネットショップやダウンロードコンテンツの配信サイト、各種サービスの契約サイトはすべてECサイトです。

オンラインで上記の取引を行うことを「電子商取引(Electronic Commerce)」といい、電子商取引のためのサイトをECサイトと呼びます。ただし、ネットショップのような物販サイト(物販系EC)をさすのが一般的です。本記事でも、物販系ECを中心に解説します。

ECサイトの市場規模・今後の予想

経済産業省が2023年8月に発表した「電子商取引に関する市場調査」によると、物販系ECの市場規模は2013年以降、右肩上がりに成長しています。2022年の市場規模は約14兆円で、前年2021年の約13.3兆円と比較して+5.37%の数値です。

将来の正確な予想は難しいものの、今後もECサイトの市場規模は拡大すると考えられています。販路を拡大するためにECサイトを展開することは、おすすめできる選択肢のひとつです。

電子商取引に関する市場調査|経済産業省

2.ECサイトの種類とビジネスモデル

ECサイトは、運営者の属性とメインターゲットとしているユーザーの種類によって、以下の4タイプに分けられます。

種類 ビジネスモデル 特徴
BtoC 企業が一般消費者をターゲットに展開するECサイト 客単価が低い傾向があり、売上を拡大するには集客力が求められる 一般的なネットショップ
BtoB 企業が他の企業をターゲットに展開するECサイト 大口の取引も多く、市場が拡大傾向にある ・事業者向け通販サイト
・業務用商品を扱った通販サイト
CtoC 一般消費者同士が商品を売買するECサイト フリマサイトの利用者が増えたことで市場が拡大傾向にある ・ネットオークションサイト
・フリマサイト
DtoC メーカーが代理店を介さず、直接エンドユーザーに商品を販売するECサイト 中間マージンや輸送コストを省いて安価に製品を供給できる メーカー直販サイト

ビジネスモデルに応じて適した集客方法は異なるため、自社が展開しようとしているECサイトがどのタイプに該当するのか、明確にすることが大切です。

【ECサイト事業についてさらに知りたい方はこちら!】

EC事業とは?将来性や魅力・成功のポイント、主な仕事内容も解説!

3.ECサイトを開設する方法

PCに向かって開発作業をしているエンジニア

ECサイトの開設・運営には、ECモールに出店する方法と独自サイトを構築する方法があります。また、ECモールはテナント型とマーケットプレイス型の2種類です。ここでは、それぞれの特徴とメリット・デメリットを紹介します。

テナント型ECモールに出店する

ECモールに店舗のページを設けて商品を販売するのがテナント型ECモールです。同じ建物にテナントとして多くの店舗が入居するデパートをイメージするとわかりやすいかもしれません。

ユーザーの視点で見ると、「どの店舗で購入したか」を意識しやすい仕組みです。店舗の存在を意識してもらえるため、ファンを作る効果も期待できます。企業・店舗の存在を意識してもらい、マーケティングに活用したい方におすすめです。

一方、開店したばかりだと店舗の認知度が低く、ユーザーから信頼してもらえなかったり売上が伸びにくかったりするのがデメリットといえます。

マーケットプレイス型ECモールに出店する

ECモールに登録した企業が商品を出品し、出品された商品をまとめて販売するのがマーケットプレイス型のECモールです。スーパーマーケットのように、さまざまなメーカーの製品をまとめて販売する様子をイメージすると理解しやすくなります。

ユーザーは「○○(ECモール名)で購入した」と意識し、「○○(店舗名)で購入した」という認識は持ちにくいシステムです。出荷作業や問い合わせ対応は商品を出品した企業が担当します。

ECモールによっては出荷やカスタマーサポートをまとめて委託できるところもあるため、上手く活用すれば運営にかかる手間を大きく削減できるのがメリットです。

独自のECサイトを構築する

ECモールに出店するのではなく、自社で独自のECサイトを構築する方法もあります。ECモールが定めた運営ルールやシステムにとらわれず、自由度が高いことがメリットです。独自のECサイトを設計する主な方法として以下の3つが挙げられます。

  • パッケージ:ECサイトに必要な機能をまとめてパッケージ化したサービスを活用して構築する
  • ASP(Application Service Provider):在庫管理機能や決済機能など、一部の機能に既存システムを活用して構築する
  • フルスクラッチ:プラットフォームを利用せず、独自設計のECサイトを最初から構築する

いずれの方法を採用するにせよ、独自のECサイトを構築する場合、開店後の集客やセキュリティの確保も自社で行わなければなりません。ECモールに出店するケースと比較して、集客の難易度が高くなるのがデメリットです。

4.ECサイトをモールに出店・開店する時の代表的な流れ

ゴールに到達するまでのフローを簡単に描いた図

開設時の手間やコストを削減するには、ECモールに出店するのがおすすめです。ここからはECモールに出店して商品を販売するまでの流れを紹介します。事前準備や手続きに時間がかかるため、予定している時期に出店するためにも早めに動くことが大切です。

販売する商品・出店するモールを決める

まずは扱う商品と出店するECモールを決めましょう。扱う商品によっては許可を取得する必要があるため、手続きの遅れを防ぐためにも早めにチェックすることが大切です。販売に許可が必要な商品の例として以下が挙げられます。

  • 中古品:古物商許可
  • 酒類:通信販売酒類小売業免許

ほかにも、ECモールが規約で販売を禁止している商品もあるため注意が必要です。法律で定められた許可に加えて、モールの規約もきちんと確認しましょう。

出店を申し込む

販売する商品が決まったら、ECモールに出店を申し込みます。出店申し込みページにアクセスして、必要な情報を入力して送信しましょう。申し込み内容によっては、ECモール運営企業から書類の提出を求められることがあります。

特に許認可が必要な商材を扱う場合、正式に許認可を取得していることを証明する書類を求められることが多いです。

ECモールに出店するには審査に通過する必要があり、開店までにはある程度の時間がかかります。審査の結果、出店が認められないこともある点に注意が必要です。

開店に向けて準備をする

審査に通過したら、開店に向けて準備しましょう。基本的な開店準備は以下の流れで進めます。

  1. ECモールに店舗のページを作成する
  2. 販売する商品を登録する
  3. 必要な情報を入力する
  4. 商品の配送方法や送料を決める
  5. 決済システムを整備する
  6. 利用規約を整備する

開店準備が整ったら、ECモールに開店することを申請しましょう。ECモールによってはオープン審査を実施する場合があります。事前に出店するECモールがオープン審査を実施しているか、実施しているとしたらどのようなことをチェックするのか確認しておくことが大切です。

商品を登録して運営を開始する

オープン審査をクリアしたら、ページを公開して営業を開始しましょう。事前準備で販売する商品をすべて登録した場合、オープン審査に通過したらすぐに営業が開始できます。以降は商品の追加や情報の修正を都度行います。

ECサイトをオープンしたら開店準備は終了ですが、売上を伸ばすためには集客力を高める施策に取り組むことが重要です。

【ECサイトの運営について関連する記事はこちら!】

ECサイト運営の流れを『7つのSTEP』で紹介!運営費用や役立つスキルも

5.ECサイトの売上アップに効果的な施策例

データを分析しながら会議する2人の手元

売上アップには、多くのユーザーに購入してもらうことが欠かせません。オープンしたECサイトに多くのユーザーを集めるため、販売する商品の特徴やターゲットの属性に応じて、どのような集客方法が効果的か考えてさまざまな施策に取り組みましょう。ここでは、売上アップに繋がる効果的な施策の一例を紹介します。

広告を出稿する

ある程度のコストをかけてでも集客したいと考えるのであれば、広告を出稿しましょう。広告の種類は多種多様で、主な広告は以下のとおりです。

  • リスティング広告:Googleをはじめとした検索エンジンに表示される検索結果に広告を出す
  • バナー広告:Webサイト上の広告枠にバナータイプの広告を出す
  • SNS広告:InstagramやX(旧Twitter)、TikTokなどのSNS上に広告を出す
  • アフィリエイト広告:提携先のWebサイトやメディアに成果報酬型の広告を出す

扱う商材によって、効果的な広告の出稿場所は異なります。「ターゲットとするユーザーにアプローチしやすい出稿先はどこか」を考えて広告施策を決めましょう。

SEOを強化する

多くのユーザーは、必要な情報を獲得するためや購入したい商品を探したりするために検索を利用します。そのため、SEOを強化して検索にヒットしやすいように対策することも集客力を高めるために欠かせません。

検索結果の上位に表示させるにはさまざまな施策が必要ですが、効果が高いため積極的に取り組みましょう。店舗のオウンドメディアを開設して集客に利用し、ECサイトに流入させるのもひとつの方法です。

また、SEO対策を実施しているECモールもあるため、対応状況や具体的な施策についても調べてみましょう。

メールマガジンを配信する

タイミングを見極めてメールマガジンを配信するのも、売上アップに欠かせない取り組みです。一度購入したユーザーにリピートを促し、自店舗のファンを増やすのに役立ちます。売上が落ちやすいタイミングやセール時などに、メールマガジンを配信して購入を促しましょう。

ECモールによっては、運営が配信するタイミングを見極めたりターゲット別に内容を変えたりしている場合もあります。

SNSで発信する

SNSアカウントを開設し、新商品や目玉商品を紹介するのも効果的です。ユーザーによっては、購入する商品を決める際にSNSで購入者の口コミをはじめとしたさまざまな情報をチェックします。

そのため、店舗のアカウントで商品の使用感やおすすめポイントをアピールし、必要な情報を提供すれば、売上アップに繋がります。広告と比較して予算がかからないのもメリットです。扱う商品と相性が良いSNSを選び、運営しましょう。

6.これからECサイトを新規出店するなら『楽天市場』がおすすめ

PCで作業をする笑顔の女性

ECモールは数多く存在するため、どこに出店するのが効果的か、迷う方もいるのではないでしょうか。出店先のECモール選びで悩んでいるのであれば、ぜひ楽天市場をご検討ください。

楽天市場は集客力が高く、店舗のサポート体制も充実しています。売上を伸ばして成長していきたいと考えている事業者におすすめです。

楽天ID数は1億以上!集客力が高い

楽天市場を利用するのに必要な楽天IDの発行数は1億以上(2023年6月時点)で、それだけ楽天ユーザーが多いことを意味しています。ユーザーが多いECモールは集客しやすいのがメリットです。

店舗の認知度を高めるためにも、多くの人が集まるところに出店することが重要です。楽天市場は多くのユーザーが利用する大型ECモールです。この機会にぜひ出店をご検討ください。

ECサイトの運営のためのサポートが充実!

集客力が高いだけでなく、店舗運営をサポートする仕組みが整っているのも楽天市場の魅力です。具体的なサポートシステムとして以下が挙げられます。

  • ECコンサルタント:1店舗当たり1人のコンサルタントがつき、店舗運営のノウハウを伝達したり効果的な販売施策の立案をサポートしたりする
  • 楽天大学:ケーススタディを含め、どのようにしたら売れる店舗を作れるか学べる

上記以外にも、ECサイトの構築・商品管理・データ分析・集客・決済・配送・販促をトータルサポートするシステムを提供しています。楽天市場がこれまでに培ったノウハウや運営を効率化したシステムを活用することで、負担を軽減しつつ売上アップを目指せます。

7.まとめ

オンラインショッピングをイメージした画像

より多くのユーザーに商品を知ってもらい、購入に繋げるには、ECサイトの開設がおすすめです。ただし、ECサイトを開設するだけで集客できるわけではなく、試行錯誤しながら運営しなければなりません。

集客力が高いECモールに出店するのもひとつの方法です。効果的に集客できるECモールを探している方は、楽天市場への出店をぜひご検討ください。

楽天ID数は1億以上で、多くのユーザーが利用する大型ECモールです。運営体制も整っており、経験豊富なECコンサルタントが店舗運営を全力でサポートします。

楽天市場の出店案内

ページの先頭へ

おすすめ記事

ネットショップ運営方法の記事一覧へ