Rakuten 出店案内

楽天市場への出店・開業案内 トップ > 売れるネットショップのはじめかた > EC事業とは?将来性や魅力・成功のポイント、主な仕事内容も解説!

初心者の方必見!ネットショップの基本を、ECコンサルタントが教えます。

EC事業とは?
将来性や魅力・成功のポイント、主な仕事内容も解説!

笑顔でノートパソコンを見る女性

EC事業は実店舗を持たなくても良いため、初期投資を抑えられ、気軽に始めやすいビジネスといえます。一方、無計画でEC事業を始めて挫折する事業者も多く、ビジネスを成功させるには入念な情報収集と計画が必要です。

この記事では、EC事業に興味がある方に向けて、EC事業の仕事内容や将来性、成功のポイントを紹介します。EC事業を成功させたい方はぜひ参考にしてください。

1.EC事業とは

ノートパソコンとスマホ、カード、小さなショッピングカート

EC事業とは、オンライン上で商品やサービスを売買するビジネスです。ECは「Electronic Commerce(電子商取引)」の略で、Eコマースとも呼ばれます。

インターネットの普及・発展によって、インターネットショッピングやインターネットオークションを利用する人は増加傾向です。それに伴い、EC事業に参入する企業も増えています。

2.EC事業者数は増えている?市場規模の推移

経済産業省が公表する『電子商取引に関する市場調査の結果』によると、2022年の日本国内のEC市場規模(BtoC)は22.7兆円です。2013年は11.1兆円で、2倍以上も市場規模が拡大していることがわかります。

なお、2022年は日本だけでなく米国や中国でもEC市場の規模が拡大しました。今後も世界的にEC市場の規模は拡大が見込まれ、EC事業者数も増えると予想されます。

『電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました|経済産業省』

3.EC事業の魅力

ノートパソコンとスマホを同時に操作する人の手元

小規模な個人事業者から大手企業まで、規模や形態を問わず多くの事業者がEC事業に参入しています。なぜEC事業はここまで注目されているのでしょうか。EC事業には従来のビジネスにはない魅力があります。ここでは、EC事業の魅力を4つ紹介します。

実店舗が必要ない

実店舗を運営するには多くのコストが必要です。一方、EC事業はオンライン上で展開するため、店舗の建設や賃貸、店内設備といったコストがかかりません。初期費用やランニングコストを抑えて運営できることから、ビジネスを始めるハードルが低い点が大きな魅力です。

全国に販路拡大できる

実店舗で商品やサービスを販売する場合、顧客に足を運んでもらう必要があるため、遠方の方に販売するのは困難です。EC事業はオンライン上で商品やサービスを販売するビジネスで、地理的な制約を受けません。従って、全国の顧客にアプローチできます。

24時間365日販売できる

EC事業はスタッフの配置や接客が不要で、営業時間に関係なく24時間365日販売できます。受注処理や商品配送、カスタマーサポートには人の力が必要ですが、外部委託やシステム化により、労力を最小限に抑えられます。

データを収集しやすい

ECサイトで商品を購入する際、顧客は自身の情報の入力が必要です。事業者は商品を購入した顧客の年齢や性別、住んでいる地域といったデータを収集できます。また、ECサイト上での顧客の行動を記録できるため、「どの商品が注目されているか」「どのページの訪問数が多いか」など、詳細な分析も可能です。

EC事業で得られる情報量は膨大で、情報を上手く活用するには専門的な知識やノウハウが必要です。しかし、データを活かして効果的な商品戦略やマーケティング戦略を実現すれば、ビジネスの大幅な飛躍に繋がります。

【ECサイトについてさらに知りたい方はこちら!】

ECサイトは自社に合った方法で開設を!出店の流れ・売上アップの施策も紹介

4.EC事業者が抱える課題

デスクの上にある松ぼっくりやビンをカメラで撮影する男性

EC事業には多くのメリットがある一方、課題もいくつかあります。これからEC事業に参入する方は、EC事業者が抱える課題や悩みを把握し、対策することが重要です。ここでは、EC事業者が抱える課題を3つ紹介します。

顧客と直接コミュニケーションが取りづらい

EC事業は実店舗と違って対面でコミュニケーションが取れないため、「商品の魅力を直接伝えられない」「顧客の疑問を解消できない」「顧客の生のフィードバックが得られない」というデメリットがあります。顧客も商品を直接手に取れないことから、サイズや形状に不安を感じ、購入を思いとどまる場合があります。

競争が激しい

EC事業は市場規模が年々拡大し、多くのEC事業者が類似の商品やサービスを提供しています。認知度を上げ、競合他社と差別化を図り、利益を上げ続けることは困難です。競争で勝つために価格を引き下げるケースも珍しくありません。

集客が難しい

EC事業で顧客に商品やサービスを販売するには、自社ECサイトに訪問してもらう必要があります。しかし、世の中には多くのECサイトが存在するため、自社ECサイトを見つけてもらうのは容易ではありません。

EC事業を継続させるためには、集客が大切です。成功している他社や顧客の行動を分析して事業の戦略を立てるなど、マーケティングに力を入れる必要があります。

5.EC事業の主な仕事内容

段ボールにガムテープを貼って梱包する男性

EC事業の魅力や課題を見てきましたが、EC事業を行う場合は具体的にどのような業務が発生するのでしょうか。事前にイメージだけでもつかんでおくことが大切です。ここでは、EC事業の主な仕事内容を確認します。

フロント業務

EC事業におけるフロント業務とは、顧客の目に触れる部分に関する業務をさします。

  • 商品の企画、販売戦略の立案
  • ECサイトやアプリケーションの使いやすさ向上
  • SNSの活用、SEO対策、メルマガ配信、広告キャンペーンといったマーケティング
  • オンライン上での顧客からの問い合わせやサポート対応

フロント業務は主にマーケティング業務が中心で、自社ECサイトの認知度やEC事業の売上に大きく関与します。Webやマーケティングの専門的な知識のほか、業界のトレンドをキャッチアップする情報収集力も必要です。

バックオフィス業務

EC事業におけるバックオフィス業務とは、主に顧客の目に触れない部分を担当する業務です。

  • 注文の処理から商品の梱包、発送までの物流プロセス全般
  • 在庫の定期的な点検や調整
  • ECプラットフォームやデータベースといったシステムの運用管理と保守

バックオフィス業務は売上に直接関わる業務ではありませんが、EC事業の効率的な運営に欠かせません。EC事業の規模が拡大するほどバックオフィス業務は忙しくなり、業務効率化が不可欠です。

6.ECサイトを成功させるポイント

商品を両手に持ってカメラに笑顔を向ける女性

EC事業を始めたものの、「集客できなかった」「専門的な知識の習得が難しかった」といった理由で挫折する事業者は少なくありません。EC事業を成功させるためにも、以下で紹介する4つのポイントを押さえておきましょう。

商品を使用しているイメージが湧くようにする

EC事業のデメリットは、顧客が直接商品を目で見たり触ったりして確かめられない点です。直接触れないと、商品を使用するイメージを膨らませるのは難しくなります。

顧客の購買意欲を高めるには、商品を使用するイメージが湧くように、画像や説明文を準備する必要があります。訴求したいターゲットに近い人物をモデルに起用し、商品を使用している画像を用いるのもひとつのアイデアです。

カスタマーサポートを充実させる

EC事業におけるカスタマーサポートとは、電話やメール、チャットによる顧客からの問い合わせに対応する業務です。顧客は商品に関する疑問や不安を抱えており、親切でわかりやすい回答が信頼感の構築や顧客満足度の向上に寄与します。

顧客の不満や要望を受け取ることで、商品やサービスの問題点を知り、改善に繋げられるのも成功のポイントです。

SNSを駆使して認知度を上げる

SNSは利用者数が多く拡散性も高いため、ECサイトへの集客方法として有効です。SNSを活用したプロモーションは始めやすいため、取り組みたい施策のひとつです。

上手くいけばSNSユーザーの間で拡散されて多くの人に興味を持ってもらえます。コメントやダイレクトメッセージで気軽に顧客とコミュニケーションが取れる点も魅力です。

定期的に顧客にアプローチする

EC事業で売上を安定させるには、リピーターの獲得が不可欠です。リピーターを獲得するために、商品やサービスを購入した方に定期的にアプローチしましょう。例えば、新商品の紹介やイベントのお知らせ、クーポンの配布をメルマガで送る方法があります。

ただし、「メールの頻度が高い」「セールス色が強い」と思われればブロックされる恐れがあるため、送り方には注意が必要です。

【ECサイト運営について関連する記事はこちら!】

ECサイト運営の流れを『7つのSTEP』で紹介!運営費用や役立つスキルも

7.『楽天市場』ならEC事業をスムーズに進められる!

「EC事業を始めてみたけれど、集客できない」「どこを改善したらよいのかわからない」と悩んでいる方は、楽天市場でEC事業を展開してみるのがおすすめです。楽天市場は、2023年6月時点で楽天ID数が1億以上と多くの人が集まるECモールです。

EC事業者に向けた支援が充実しており、そのひとつに「ECコンサルタントによるコンサルティング」があります。楽天市場のECコンサルタントはネット販売のノウハウに精通し、お店のコンセプトやニーズに合った企画・戦略の立案が可能です。

ほかにも、メルマガ配信やクーポン作成のような販促ツールも豊富にあります。EC事業を拡大させたい方は、ぜひご利用ください。

8.まとめ

スマホとパソコンを操作する笑顔の男性

EC事業とは、オンライン上で商品やサービスを売買するビジネスです。インターネットの普及・発展によってEC事業の市場規模は年々拡大していますが、競争も激しくなっています。

競合他社と差別化し、EC事業を成功させるには、Webやマーケティングの知識が必要です。ECモールの楽天市場ならECコンサルタントによるサポートで、効果的な販売戦略が立てられます。これからEC事業を拡大したい方は、ぜひご利用ください。

楽天市場の出店案内

ページの先頭へ

おすすめ記事

ネットショップ運営方法の記事一覧へ