現在ご利用いただけません

「お知らせ」とは

自然の恵みをお届けします


 ※当HTMLタグを貼付け時、既に入力されているHTMLがある場合、   そちらを削除すると後から元に戻す事ができません。   削除される場合は、必ずお手元にバックアップをお願いします。     -->

赤かぶ

山形の伝統野菜 村山地方 赤長かぶと 山形青菜 赤根ほうれん草をセットにしました!!
この秋 ふるさとの味を存分にご堪能下さい!!

このカブは古くから遠藤家に伝わる赤長かぶ種子を厳選選抜した特選品種です。一見 大根に似た葉形と根芯で表皮、内部とも鮮濃紅色。肉質は硬いので煮物には向かないが、その硬質な辛みとパリッとした歯ざわりを活かした赤長かぶは甘酢漬け 当座漬けに好適である。収穫したカブは個々の家庭で様々な味付けをして冬の大切な食材として愛されてきた軌跡の赤かぶです。

茎の幅が10cm草丈60cmにも達する平茎で、この茎が歯切れよく辛みとともに独特の風味があり、漬物として好評です。生育旺盛で播種後65日〜70日位で収穫可能な高菜です。

山形県の在来作物で古来から県民に親しまれてきた日本ほうれんそうです。葉は日本種特有のぎざ葉で深い切れ込みのあるのが特徴的です。茹でると葉は非常に柔らかく甘みがあります。特に名前の通り赤い根が特徴的で多品種より葉数が多く赤い根が太く成長します。西洋ほうれんそうに比べ葉色がやや薄めですが株は同等以上に大株です。





赤かぶの漬け方
かぶと茎を適当な大きさに切り一日浸してアクを抜き塩漬けにする。その後、酢と砂糖で漬け込むが、好みによって味噌を入れる人もある。当座漬けは5日ぐらいで食べれるが、なんと言っても、真冬に氷の張った桶から出して食べる赤かぶ漬けは絶品です。


青菜漬けの漬け方
青菜のへたを薄く切りおとし、根元にたてに切り込みを入れる。根元の方に120gの塩をふりながら、桶に根元を交互に並べる。押しぶた、重石をして、せっかくの塩が流れ落ちないように、淵から水4リットルに塩200gをいれた5%の塩水をいれ、 冷暗所に置いておく。
      下漬け完了
3〜4日後、しんなりとした青菜をよく洗い、水気を十分に切る。桶の長さに葉を折りたたんで、交互にきちっと並べ、魔法のたれ400ccを1段ごとに流し入れる。押し蓋をして重石をかけ、たれが上がったら軽めの重石に変え、常に青菜がたれに浸かっている 状態にして冷暗所に置き、3〜4日程で出来上がり。

黄菊と赤根ほうれん草のお浸し

【材料(2人分)】
・黄菊40g・ほうれんそう100g・しょうゆ大さじ1/2・だし汁大さじ1/2
【作り方】
(1)菊は花びらを散らし、熱湯に酢を入れさっと茹で、水にとる。
(2)ほうれんそうは、色よく熱湯で茹で水にとる。軽くしぼり3cmの長さに切る。
(3)菊とほうれんそうは、ざるに入れ、きれいに混ざるように、水の中で合わせる。
(4)しょうゆとだし汁を合わせ、だし割りじょうゆを作る。
(5)(3)の水気を絞り、(4)のだし割りじょうゆで和える。



山形県村山地方固有種!昔なつかしい赤かぶ漬けをご賞味下さい!!

この蕪は古くから東海林家に伝わる赤長かぶを厳選選抜した特選品種です。一見 大根に似た葉形と根芯で表皮は鮮桃色 内部は極薄桃で中心部に赤芯が入っている。肉質は緻密で硬さがあるので煮物には向かない。その硬質な辛みとパリッとした歯ざわりを活かした赤長かぶは甘酢漬け 当座漬けに好適である。収穫したカブは個々の家庭で様々な味付けをして冬の大切な食材として愛されてきた軌跡の赤かぶです。
 



秋の味覚【山形伝統野菜】遠藤さんちの赤かぶ山形青菜赤根ほうれん草3種セット(送料無料)
秋の味覚 【山形伝統野菜】 遠藤さんちの赤かぶ 山形青菜 赤根ほうれん草 3種セット
         (送料無料)
価格1,200円(税込)
かぶ【伝統野菜】遠藤さんちの赤かぶ8ml詰(送料無料)
かぶ【 伝統野菜 】遠藤さんちの赤かぶ     8ml詰 
 ( 送料無料 )
価格500円(税込)
【高菜】山形青菜15ml詰送料無料
【高菜】 山形青菜 15ml詰 送料無料
価格520円(税込)
伝統野菜赤根ほうれんそう30ml詰【送料無料】
伝統野菜  赤根ほうれんそう   30ml詰        【送料無料】
価格400円(税込)